衛生管理を徹底-弘前市の目立たない矯正・歯医者なら矯正歯科じん歯科クリニック(大館市・青森市)

包括的治療をお約束。弘前市の矯正・目立たない矯正・歯医者・歯科なら当院へ。

0172-37-1182

診療時間 9:00~13:00/15:00~19:00
※土曜 18:00まで
※休診日 祝日の無い週の木曜・日曜・祝日

0172-37-1182

診療時間 9:00~13:00/15:00~19:00
※土曜 18:00まで
※休診日 祝日の無い週の木曜・日曜・祝日

衛生管理を徹底

感染対策に尽力しています

当院では、早期から感染対策に取り組み、徹底した衛生管理を行ってきました。医療機関向け空気浄化装置や歯科用吸引装置(口腔外バキューム)を導入し、クリーンで快適な院内環境を整えています。

治療で使用した器具や器材は、オートクレーブを始め複数の方法を併用して滅菌と消毒を行います。「すべての人の血液、体液は感染の危険がある」というスタンダードプリコーションの基本的概念に基づき、徹底した滅菌と消毒にこだわり続けています。

治療に使用するコップやエプロンなどは使い捨て(ディスポーザブル)にして、患者さんごとに新しいものと取り替えています。厳重な衛生管理のもと、細菌やウイルスによる院内感染を防ぎ、患者さんの健康をお守りします。

徹底した滅菌対策

オートクレーブ

治療器具を高温で殺菌する装置で、装置の中に治療器具を入れて殺菌します。高圧・高温蒸気で殺滅するので、あらゆる細菌を死滅させます。

使用したスケーラーやピンセットなどの治療器具には、血液や唾液、細菌などが付着しています。そのまま使用すると細菌に感染する恐れがありますので、治療が終わるごとにオートクレーブで滅菌処理し、患者さんごとに清潔な器具を使用します。

iCrave mini(アイクレーブミニ)

治療で使用するハンドピースを洗浄する機器です。ヨーロッパ滅菌基準のClass Sに準拠する性能を持っており、滅菌前に一度真空状態を作ることで、タービン等の複雑な構造物の内部にまで高圧蒸気を送れる仕組みです。場所を取らず、滅菌にかかる時間が比較的少なく、利用しやすい高圧蒸気滅菌器です。

i Care(アイケア)

治療に使用するハンドピースの洗浄・注油を自動で行うシステムです。ハンドピースの内部の汚れは手洗いでは落としにくく、もし汚れが残ったまま治療に使うとトラブルや感染の恐れがあります。i Careは内部の汚れを簡単なボタン操作だけで洗浄・注油を行うので、常にハンドピースを良好な状態で使用できます。日々の診療に欠かせない装置です。

ホルステリ20RM

ホルマリンガスを利用した「ホルムアルデヒド消毒器」による殺菌システムです。強い殺菌力を持つホルムアルデヒドガスを利用するため、多くのウイルスに有効です。殺菌時は庫内を減圧してからホルマリンガスを注入し、隅々までガスが浸透する構造になっています。高温や水気で滅菌できない器具や材料を滅菌できるので、特にプラスティック製品や精密器材の滅菌に適しています。滅菌に用いたホルムアルデヒドガスは自動中和され、庫内および器具に残存させない、作業環境安全対応の機器です。

オートクレーブは高温が発生するため、熱に弱い器具には使用できません。そのため、熱に弱い器具の滅菌はアルコール消毒など簡易的に消毒を行うのみに留まる歯科医院がほとんどです。しかし、当院では適正に使用したホルムアルデヒドガスを用いた消毒・殺菌システムで、熱に弱い器具や材料に対しても可能な限り無菌状態にするように努めています。

ホルムアルデヒドガスは、ほぼすべてのウイルスや細菌を死滅させる強力な殺菌作用があり、B型肝炎やエイズなどのウイルスも死滅させます。

クリーンで清潔な院内

リセオ クリーンウォーターシステム

歯科診療用ユニットで使用する水の清浄を保つ機器です。当院では空気だけでなく、院内で使用する水の衛生面にも配慮しています。

下図のように、水道水は使用している水の経路や水の滞留により塩素濃度が低下してしまいますが、リセオを使用して塩素を追加することでより遊離塩素濃度が高まるので、歯科診療用ユニットで使用する水の感染対策が高まり、患者さんに安心して利用いただける環境を提供できるようになりました。

水道法、給水用具認証適用器具として登録しており、安心して治療を受けられます。

「清潔な水環境」のために。

ウルトラファインバブル生成装置 UFB DUAL

ウイルス対策と除菌力向上のためにウルトラファインバブル生成装置「UFB DUAL」を設置しました。「UFB DUAL」 は、日本が世界をリードするテクノロジー「ウルトラファインバブル水」を作り出す建物専用ノズルのことです。

「UFB DUAL」を建物の水道元栓に設置するだけで、歯科医院内の水が全てウルトラファインバブル水になります。目に見えない極小の気泡で、院内のパイプライン・ユニットチューブ・消毒室・トイレ・洗面台・技工室等、全ての給排水管が浄化できるようになり、とても清潔です。

ウルトラファインバブルとは、サイズが直径1マイクロメートル(1,000分の1㎜)未満の目に見えない極小の気泡をウルトラファインバブルと呼びます。


歯科医院の水をウルトラファインバブル水にすることで、ユニットチューブ内のバイオフィルム付着や詰まりの防止患者さんの口腔ケアの充実化院内の水道配管の洗浄及び菌やスケールの付着防止など、歯科医療にとって大きな課題である「歯科医院内の清潔な水環境」を実現し、高い品質の医療体制を整備します。

空気にこだわった医療機関向け空気浄化装置を導入しています

医療機関向け空気浄化装置(メディカルライトエアー)

感染対策・衛生管理は、医療の基本です。当院は、開業当初から感染対策を重視し、徹底した衛生管理を行い、空気にもこだわって院内全域の空気清浄に力を入れてきました。さらに、開発された医療機関向け空気浄化装置(メディカルライトエアー)をを診療室と待合室に導入し、いっそう清潔な院内環境を実現しています。

クリニックや病院など医療施設の空気中には、治療中に発生する目に見えない物質や、来院される方が外部から持ち込むさまざまな有害物質などが浮遊しています。医療機関向け空気浄化装置(メディカルライトエアー)は光触媒を搭載し、浮遊物を徹底的に排除して、理想的な空気に浄化して綺麗な院内空気環境をつくる医療機器です。

導入後、歯科医院特有の匂いがほとんど感じられなくなり、また花粉症の方も快適に過ごしていただいています。集塵力に優れているので、院内の衛生管理が楽になり、スタッフも治療や患者さん対応により集中できるようになりました。

当院が空気にもこだわる理由とは?

院長は、大学で呼吸と歯並び、顎成長の関係を研究テーマとしていました。当時はまだ注目されていない分野でしたが、最近、成長期の口呼吸や、姿勢などが顎と歯並びに影響することが明らかになり、呼吸は矯正歯科や耳鼻咽喉科領域で重要なテーマになっています。
院長が、衛生管理や感染対策を重視し、院内の空気にまで徹底してこだわるのは、歯の健康のためにも、快適な空間の中で正しい呼吸をしていただきたいと願っているからです。綺麗な院内環境のもと、小さなお子さんから高齢の方まで、どなたにも安心して快適に過ごしていただきたいと考えています。

歯科用吸引装置(口腔外バキューム)

歯科用吸引装置(口腔外バキューム)は、空気中に飛散したゴミを吸引する器械で、すべての歯科診療用ユニットに設置しています。

診療室には歯や人工歯などを削ったときの目に見えない金属片や細菌を含んだ粉塵が飛び散っているので、歯科用吸引装置(口腔外バキューム)で汚れを吸引して空気中に拡散するのを防ぎます。汚れとともに細菌も吸い取るので、診療室の空気がクリーンになって、ウイルスや細菌による院内感染を防いでくれます。

なお、隣の歯科診療用ユニットとの間に衝立を設置し、歯科用吸引装置(口腔外バキューム)と医療機関向け空気浄化装置(メディカルライトエアー)のトリプルで飛沫感染を防止しています。

スリッパを除菌する紫外線オゾン灯と殺菌灯

スリッパは、紫外線オゾン灯と殺菌灯で殺菌しています。ダブル効果でスリッパに付着した細菌を死滅させ、嫌な臭いを除去してくれます。スリッパには、色々な細菌や臭いが付着しています。足元の環境に配慮していますので、安心してお使いください。

※オゾン灯が殺菌する際に少し不快な臭いが発生しますが、ご容赦ください。

自動釣銭機

セルフ化により、精算時のお釣りなどの受け渡しによる接触を減らし、感染症対策・正確かつスムーズな会計を実現しました。