マウスピースを用いた治療(保険診療)-弘前市の目立たない矯正・歯医者なら矯正歯科じん歯科クリニック(大館市・青森市)

包括的治療をお約束。弘前市の矯正・目立たない矯正・歯医者・歯科なら当院へ。

0172-37-1182

診療時間 9:00~13:00/15:00~19:00
※土曜 18:00まで
※休診日 祝日の無い週の木曜・日曜・祝日

0172-37-1182

診療時間 9:00~13:00/15:00~19:00
※土曜 18:00まで
※休診日 祝日の無い週の木曜・日曜・祝日

マウスピースを用いた治療(保険診療)

マウスピース型矯正装置(ナイトガード)やスポーツマウスガードのご相談なら当院へ!

「歯ぎしりがひどくて困っている」
「ラグビーの試合で口の中の怪我が心配」

歯ぎしりや激しいスポーツなどで、奥歯をぎゅっと咬みしめることはありませんか?強い力で食いしばると歯がすり減り、歯根にもダメージを与えます。就寝中や競技中の食いしばりは、マウスピースで歯にかかる力をコントロールすることができます。

当院では、シチュエーションに合わせたマウスピースを提供しています。矯正治療から歯ぎしり・食いしばりの防止まで、ジャストフィットするオーダーメイドのマウスピースをお作りしますので、お気軽にご相談ください。

※マウスピース型矯正装置(ナイトガード)は保険適用で作ることができます。詳しくはご相談ください。

矯正治療で使用するマウスピース

矯正治療で使用するマウスピースには、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)やマウスピース型矯正装置(ムーシールド)、マウスピース型矯正装置(スプリント)などがあります。それぞれ適応症例がありますので、患者さんの症状に合わせてふさわしい装置をご提案いたします。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)、マウスピース型カスタムメイド矯正装置(アソアライナー)

プラスチック製のマウスピース装置で、主に成人矯正で使用します。取り外しできて痛みや違和感が少なく、矯正治療中のストレスもほとんどありません。透明で目立ちにくく、人目を気にせずに治療できます。

マウスピース型矯正装置(ムーシールド)、マウスピース型矯正装置(EF line.)

お子さんの反対咬合(受け口)を改善するマウスピース型の装置です。上口唇の圧力を排除し、オトガイ部に過緊張を起こし、そして低位で機能する舌を挙上させることで反対咬合を改善します。

マウスピース型矯正装置(マルチファミリー)、マウスピース型矯正装置(EF line.)

お子さんの上顎前突(下顎の後退)を改善するマウスピース型の装置です。お口周りの筋肉の緊張を緩和し、下顎の成長を適切な状態へ誘導します。

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(トゥースポジショナー)

理想的な歯並びや咬み合わせに仕上げるために使用するマウスピース型の装置です。日中数時間と就寝時に装着することで、大部分の患者さんは理想的な咬合が達成できます。

マウスピース型矯正装置(スプリント)

顎関節症の治療で使用するマウスピース型の装置です。全体の歯に均等に力を加えることで、顎関節にかかる負担を軽減します。

マウスピース型矯正装置(ナイトガード)で歯ぎしりをコントロール

朝起きたとき顎に痛みや違和感があるとしたら、眠っている間に歯ぎしりをしている可能性があります。歯ぎしりがあると奥歯を強く咬みしめるため、歯や歯周組織に負担がかかります。

歯ぎしりで歯にかかる力は食事をするときの2倍になるといわれ、ひどくなると歯がすり減ったり根が割れることがあります。また、歯ぎしりがひどくなると顎関節症を引き起こし、頭痛や肩こり、腰痛などの全身症状が現れることもあります。

マウスピース型矯正装置(ナイトガード)は、歯ぎしりを防止するマウスピースです。装着して就寝することで、歯ぎしりをコントロールして、歯や顎の骨にかかる負担を軽減します。お口の形に合わせてオーダーメイドで製作しますのでジャストフィットし、就寝中にズレたり外れることがありません。

顎関節症の予防にもつながりますので、歯ぎしりや食いしばりでお困りの方は、マウスピース型矯正装置(ナイトガード)の使用をお勧めします。

スポーツマウスガードでパフォーマンスを高める

ラグビーや格闘技などの激しいスポーツは競技中の怪我が多く、ぶつかり合った衝撃ですり傷や打撲、骨折はもちろん、お口の中を傷つけたり、脳しんとうを起こすことがあります。プレイ中の怪我を防ぐために、競技中はスポーツマウスガードの装着を義務づけているスポーツもあります。

●スポーツマウスガードの装着を義務づけている競技
アメリカンフットボール / 高校ラグビー / ボクシング / キックボクシング / 女子ラクロス / 極真空手 / アイスホッケー / インラインホッケー

スポーツマウスガードの効果

市販のマウスガードもありますが、微調整が難しく適合性や安全性を考えるとあまりお勧めできません。当院では歯型を採りオーダーメイドで製作しますので、安心してお使いいただけます。また、マウスガードの調整や診査、使用に際しての口腔衛生指導も行います。

<スポーツマウスガードの効果>
・歯への衝撃を和らげる
・お口の中の怪我を防ぐ
・頭部への衝撃を和らげる
・運動能力を高める

●口腔内の怪我を防ぐ
スポーツマウスガードには、衝撃を吸収する効果があります。ぶつかったときに起きる、歯・唇・舌などお口の中の損傷を防ぎます。また、マウスガードがクッションになって脳に伝わる衝撃を和らげ、脳しんとうの発生率や重症化するのを抑えます。

●運動能力を高める
もう1つの効果に運動能力の向上があります。ゴルフや野球などのプレイ時、奥歯をぎゅっと咬みしめて踏ん張ることがあります。このとき、咬み合わせが悪いと力がうまく入りません。

お口の形状に合わせて製作したカスタムメイドのスポーツマウスガードは、咬みしめたときに均等に力が入って瞬発力が高まり、コストパフォーマンスを最大限に引き出します。

睡眠時無呼吸症候群の治療用マウスピース

当院では、医科でいびきや睡眠時無呼吸症候群と診断を受けて、検査結果と紹介状をお持ちの患者さんに対して、「いびきや睡眠時無呼吸症候群」を改善するマウスピース型矯正装置(スプリント)治療を行っています。

マウスピース型矯正装置(スプリント)治療は、マウスピースを使った睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療法で、就寝中にマウスピース型矯正装置(スプリント)と呼ばれるマウスピースを装着して上気道(空気の通り道)を広げ、呼吸しやすくする方法です。睡眠時に装着することで、嚙み合せた時に下顎が前方にわずか(数mm程度)突き出た状態になります。上気道が広がって、就寝中でも喉が狭くなったり詰まることがなくなり、いびきや睡眠時無呼吸を改善します。

睡眠時無呼吸症候群の原因

呼吸が止まっている状態が10秒間続き(無呼吸)、無呼吸が1時間に5回以上、もしくは1晩に30回以上続く症状です。呼吸が止まる原因は2タイプありますが、もっとも多いのは上気道が狭いため、呼吸の通り道を十分確保できずに呼吸が止まる「閉塞性睡眠時無呼吸」です。上気道が狭くなる要因は、扁桃腺の肥大や肥満、舌の付け根やのど仏で喉や上気道を塞いでしまうことが挙げられます。

マウスピースの製作

マウスピース型矯正装置(スプリント)治療で使用するマウスピースの製作には、歯科医師の経験が重要です。当院は、矯正治療の知識と経験が豊富で、CTやセファロ分析を用いて診断を行っていますので、フィットしやすい装置に仕上げられます。

睡眠時無呼吸症候群で使用するマウスピースは、保険診療と自費診療の2種類があり、当院では両方に対応しています。患者さんの症状やご要望を考慮した上で、ご提案いたします。

・保険診療:サイレンサーなど
・自費診療:ソムノデントMASなど

睡眠時無呼吸症群の診断は難しく、診断を誤ると適切な治療ができません。必ず専門家の診断を受けた上で、当院までご相談ください。

マウスピース型矯正装置(スプリント)治療のメリット・デメリット

<メリット>
・保険診療が適用できます。
・副作用が少なく、マウスピースを装着するだけで症状が改善できます。

<デメリット>
・初めのうちは顎の痛みや違和感がありますが、徐々に馴染んでほとんどの方は数か月後で慣れます。
・総入れ歯をお使いの方、重度の顎関節症の方は適応できません。

鼻洗浄でいびきや鼻づまりを解消!マウスピースの装着も楽になります

歯並びや咬み合わせが悪くなる要因の一つに、口呼吸があります。口呼吸は、文字通りお口で息を吸う方法です。口の筋肉の衰え、幼い頃の指しゃぶり、鼻のトラブルや肥満などがあると、無意識のうちにお口で呼吸をするようになります。

口呼吸が招く(歯並び・咬み合わせ以外の)様々なトラブル

●むし歯・歯周病など口腔内のトラブル
お口の中が乾燥すると、ドライマウスになって唾液の分泌量が減ります。唾液には細菌を洗い流す自浄作用がありますが、それができなくなって細菌が繁殖しやすくなります。そのため、むし歯・歯周病、口臭などのトラブルが起きるのです。

●睡眠時無呼吸症候群
口呼吸で寝ていると、舌の位置が後ろに下がって軌道が塞がれて、睡眠時無呼吸症候群を起こしやすくなります。

●起きた時に喉がヒリヒリする
鼻や鼻腔は体内からの水分喪失を最低限に留めながら呼吸(ガス交換)を行う器官です。口呼吸はどんどん水分が逃げて喉や舌が渇きやすくなります。

●食事の際にクチャクチャ音がする
鼻呼吸ができないと食事中も口を閉じられず、口で呼吸をしながら物を食べ、クチャクチャ音がしてしまうことがあります。

鼻洗浄のすすめ

当院では、口呼吸によるお口のトラブルを防ぐために、鼻洗浄を使った鼻うがいをお勧めしています。専用の洗浄剤で鼻の中をキレイにする洗浄方法で、鼻腔内に付着している異物やウィルスを除去できて、風邪やアレルギーを防ぐ効果が期待できます。一方、口呼吸により「ポカン」とお口を開け続けていると、唾液が少なくなりむし歯や歯周病の原因になります。

また、鼻うがいは世界三大伝統医学のアーユルヴェーダで昔から使われてきた健康法で、痛みはなく、とてもスッキリします。お子さん(5歳以上)からお年を召した方まで初めてでも簡単にできます。

これらのことからも、鼻で呼吸をすることがあらゆる意味でとても大切であることがおわかりになると思います。しかし残念ながら現状は、とても多くの患者さんに口呼吸の兆候が見られるのです。

当院でお勧めの鼻うがいは今までにないボトル形状で、お子さん(6歳児以上)からご年配の方まで、初めてでも簡単に使用できます。ミサトールリノローションは、慢性上咽頭炎に有効で、上咽頭用の鼻洗浄器(鼻うがい)です。専用洗浄剤には青梅搾汁濃縮液を用いております。

ちなみに当院院長とスタッフで使用してみましたが、イメージに対して特に痛みがなく、スッキリした気分になりました。きっと多くの患者さんにも喜んでいただけると思います。

<当院で取り扱っている鼻洗浄器>

サイナスリンス

フロー・サイナスケア

ミサトールリノローション

<当院が推奨している鼻洗浄器>

ハナクリーンEX

ハナクリーンα

ハナオート