人生を変えた恩師

オールマイティであることを教えてくれた恩師院長あいさつ
私には、たくさんの恩師がいます。その中でも総合的な治療が必要であることを教えてくださった2人の恩師がいます。

1人は大学勤務時代に所属していた歯科矯正学講座の助教授で、常々こんなことをおっしゃっていました。「君たちは、矯正歯科医である前に歯科医師です。矯正治療はあくまでも歯科治療の1つの手段に過ぎず、歯科医師である以上はあらゆる分野の治療ができなければいけない。」

そしてもう1人が、大学勤務時代からお世話になった岩手県の一般歯科で開業していた院長先生です。初めてお会いしたときに矯正専門医であることを伝えると「あなたは歯科医師です。オールマイティな治療ができ、その上で、矯正治療で人を助けることができたとき、初めて本物の矯正専門医と言えます」と言われたのです。

衝撃的な一言に、頭をガツンと殴られたような思いがしましたが、一念発起。小児歯科専門医や口腔外科専門医の兄弟子、歯科技工士に教えを請い、あらゆることを学んでいきました。

基礎系の大切さを教えてくれた恩師
学問や研究の面では、臨床系のみならず基礎系の勉強にも取り組んできました。私に基礎系の勉強の大切さを教えてくださったのは、大学の歯科薬理学講座の教授と助教授です。お二人の恩師は「一人前の歯科医師になるには、基礎系もきちんと身につけておきなさい」と、基礎系の勉強を勧めてくださいました。

基礎系は臨床系に比べると華やかさに欠けますが、臨床を支える大切な学問です。これを学んだことで、基礎と臨床の両方の理論に基づいた検証ができるようになりました。もし、どちらかが欠けていたら、そして基礎系の研究や論文指導をしてくださった恩師との出会いがなかったら、今日の私はなかったでしょう。

素晴らしい先輩との出会い
大学勤務時代の私は歯科矯正学講座に所属していました。大学院生でも研究生でもない私にとって、歯科薬理学講座でも指導を賜ることなど叶わぬ夢です。にもかかわらず、私が所属していた歯科矯正学講座の教授は歯科薬理学講座への出入りを許可し、私を指導してくださいました。

もう1人の恩師でもある歯科薬理学講座の助教授は、公私ともに師と仰ぎ、私の人生をさまざまな形でサポートしてくださった、かけがえのない先生です。もしこの先生との出会いがなかったら、口腔外科や小児歯科の兄弟子との出会いはなかったでしょう。退職された今でも、先生から基礎や臨床のご指導、鞭撻を賜っています。

また、恩師をとおしてたくさんの人との出会いもありました。補綴や保存などの一般歯科医、小児歯科専門医・口腔外科専門医の兄弟子、そして歯科技工士など、素晴らしい先輩方の指導を仰ぎながら、さまざまなことを学んでいきました。

努力することが、恩師への恩返し
今のオールマイティな私があるのは、恩師と兄弟子たちのおかげです。恩師や兄弟子たちに少しでも追いつき、頑張っている姿を見てもらいたい。そんな想いで、ひたすら勉強してきました。兄弟子とは今でも交流があり、色々とアドバイスをいただいています。

けれども、他界された恩師からは「神、よく頑張ってるな」と声をかけていただくことさえ叶いません。一生かかっても追い越すことはできませんが、あらゆることに興味を持ち、さらに治療技術を磨いていくことが、せめてもの恩返しだと思っています。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方