院長あいさつ

院長あいさつ

こんにちは。矯正歯科じん歯科クリニックの院長、神 智昭です。
数ある中から、当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

当院がある青森県弘前市周辺は歯科医院が少なく、総合的な治療を要望する患者さんが多い地域です。そんな地域の皆さんのために少しでもお役に立ちたいと思い、包括的な治療に取り組むようになりました。

私は矯正専門医でありながら、一般歯科や小児歯科、予防歯科、審美歯科、口腔外科、さらにはインプラントまで、あらゆるジャンルの治療を行っています。その根底には、歯科医師としての責任をきちんと果たしたいという責任感と、治療をとおして患者さんに幸せな人生を過ごしていただきたいという思いがありました。

日々診療を続けていると、一つひとつの治療を深める必要性を強く感じていました。そこで私は更なる知識や技術の向上に努め、患者さんの負担(治療期間、通院回数、協力度、治療費)を最小限にし、QOL(Quality of life)を考慮しつつ、安全に最大の効果を出せるようにEBM(Evidence-based medicine)に基づいた効率の良い治療を目指すようになりました。そして、より緻密な治療を行うために最新の治療器具や院内設備を導入し、安全で質の高い治療をご提供しています。

地域の皆さんに愛される歯のホームドクターとして、矯正治療からインプラントまで責任を持って対応いたしますので、歯に関することでお困りでしたらお気軽にご相談ください。
 

「包括的治療」という方針

中学1年生のときに、担任の先生から世界保健機構(WHO)のWHO憲章を教えてもらい、強い衝撃と感動を受けたことがあります。

[健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること]
~WHO(世界保健機構)憲章より(日本WHO協会訳)~

院長あいさつこの憲章は、歯科診療のあり方にも当てはまります。患者さんの肉体的な痛みと精神的な苦痛の両方を取り除くことが歯科医師の仕事であると考え、今日まで診療を続けてきました。

精神的な苦痛の多くは、歯並びの悪さからくる見た目の問題です。こうした苦痛は、矯正治療で解消することができます。しかし、矯正治療だけでは肉体的な苦痛はなくなりません。痛みや腫れ、出血がある場合は、一般歯科や審美歯科、小児歯科、予防歯科、口腔外科の知識と技術が備わっていなければ治療はできません。そして健康を維持するためには、予防と生活環境も含めた適切な指導が必要です。

私は、すべての治療に精通できなければ、患者さんの精神と肉体の両方の苦痛を解消することは難しいと考えています。心と身体が健康になれば、おのずと健全な社会を過ごせるようになります。包括的な治療が患者さんの生活の質(QOL)の向上につながることを願っています。

患者さんの人生を変えた、矯正治療との出会い

院長あいさつ矯正の道に進むことを決めたのは、大学6年生のときでした。矯正治療を受けた友人がどんどん変わっていったのを見て、矯正治療の面白さを感じたからです。私は指導医で恩師の一人である矯正歯科医の治療に立ち会ったのですが、歯がどんどん動いていくのを見て、面白さと驚きを感じていました。

友人はひどい叢生でコンプレックスを持っていましたが、歯並びがキレイになっていくうちにどんどん明るくなっていき、性格まで変わっていきました。

コンプレックスを解消した唯一の治療
審美歯科や入れ歯、インプラントでも歯を美しくすることはできますが、治療をするには健康な歯に何らかのダメージを与えます。でも、矯正治療は違います。今ある歯を動かして整えていくのですから、自分の歯を痛めずにコンプレックスを解消できます。歯を傷つけずに、患者さんの心を変えることができる治療は矯正治療だけです。そこが矯正治療の面白さだと思います。

矯正専門医となり、毎日多くの治療をしています。目に見えて歯並びがきれいになっていくと、私もうれしくなってきます。患者さんから「治療してよかった」とおっしゃっていただけると、時間をかけて治療してきた努力が報われたような気持ちになります。

人生を変えた恩師

オールマイティであることを教えてくれた恩師院長あいさつ
私には、たくさんの恩師がいます。その中でも総合的な治療が必要であることを教えてくださった2人の恩師がいます。

1人は大学勤務時代に所属していた歯科矯正学講座の助教授で、常々こんなことをおっしゃっていました。「君たちは、矯正歯科医である前に歯科医師です。矯正治療はあくまでも歯科治療の1つの手段に過ぎず、歯科医師である以上はあらゆる分野の治療ができなければいけない。」

そしてもう1人が、大学勤務時代からお世話になった岩手県の一般歯科で開業していた院長先生です。初めてお会いしたときに矯正専門医であることを伝えると「あなたは歯科医師です。オールマイティな治療ができ、その上で、矯正治療で人を助けることができたとき、初めて本物の矯正専門医と言えます」と言われたのです。

衝撃的な一言に、頭をガツンと殴られたような思いがしましたが、一念発起。小児歯科専門医や口腔外科専門医の兄弟子、歯科技工士に教えを請い、あらゆることを学んでいきました。

基礎系の大切さを教えてくれた恩師
学問や研究の面では、臨床系のみならず基礎系の勉強にも取り組んできました。私に基礎系の勉強の大切さを教えてくださったのは、大学の歯科薬理学講座の教授と助教授です。お二人の恩師は「一人前の歯科医師になるには、基礎系もきちんと身につけておきなさい」と、基礎系の勉強を勧めてくださいました。

基礎系は臨床系に比べると華やかさに欠けますが、臨床を支える大切な学問です。これを学んだことで、基礎と臨床の両方の理論に基づいた検証ができるようになりました。もし、どちらかが欠けていたら、そして基礎系の研究や論文指導をしてくださった恩師との出会いがなかったら、今日の私はなかったでしょう。

素晴らしい先輩との出会い
大学勤務時代の私は歯科矯正学講座に所属していました。大学院生でも研究生でもない私にとって、歯科薬理学講座でも指導を賜ることなど叶わぬ夢です。にもかかわらず、私が所属していた歯科矯正学講座の教授は歯科薬理学講座への出入りを許可し、私を指導してくださいました。

もう1人の恩師でもある歯科薬理学講座の助教授は、公私ともに師と仰ぎ、私の人生をさまざまな形でサポートしてくださった、かけがえのない先生です。もしこの先生との出会いがなかったら、口腔外科や小児歯科の兄弟子との出会いはなかったでしょう。退職された今でも、先生から基礎や臨床のご指導、鞭撻を賜っています。

また、恩師をとおしてたくさんの人との出会いもありました。補綴や保存などの一般歯科医、小児歯科専門医・口腔外科専門医の兄弟子、そして歯科技工士など、素晴らしい先輩方の指導を仰ぎながら、さまざまなことを学んでいきました。

努力することが、恩師への恩返し
今のオールマイティな私があるのは、恩師と兄弟子たちのおかげです。恩師や兄弟子たちに少しでも追いつき、頑張っている姿を見てもらいたい。そんな想いで、ひたすら勉強してきました。兄弟子とは今でも交流があり、色々とアドバイスをいただいています。

けれども、他界された恩師からは「神、よく頑張ってるな」と声をかけていただくことさえ叶いません。一生かかっても追い越すことはできませんが、あらゆることに興味を持ち、さらに治療技術を磨いていくことが、せめてもの恩返しだと思っています。

地域に還元するために、オールマイティであり続ける

院長あいさつ私の理想とする歯科医師像は、オールマイティな歯科医師です。患者さんのお口を一口腔単位で考える歯科医師であり、その中で得意な治療が矯正治療です。そして包括的な治療ができてこそ、初めて患者さんを幸せにできると考えています。

患者さんは、私の知識と技術力を信じて通ってきてくれます。その期待を裏切らないためにも、常に勉強し続けなければいけないと強く感じ、休診日には講習会やセミナーに参加し、知識の習得と技術の向上に努めています。

私は、生まれ育った地域の皆さんに還元するために、これからもオールマイティな歯科医師として、診療を続けていきます。

院長経歴

院長あいさつ矯正歯科じん歯科クリニック 院長 神 智昭

【資格】
歯学博士
日本矯正歯科学会認定医
日本糖尿病協会歯科医師登録医

【略歴】
青森県弘前市出身
1995年3月  岩手医科大学 歯学部卒業
1995年4月  岩手医科大学(歯学部歯科矯正学講座)入局
2001年12月 日本矯正歯科学会認定医を取得
2003年9月  博士(歯学)の学位を取得
2003年11月 矯正歯科じん歯科クリニック 開業

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方