お子さんのペースに合わせた小児歯科

小児歯科院長は大学勤務時代、嫌がるお子さんを抑えつけて治療をした経験がありました。お子さんに申し訳ないと思いながら治療をしましたが、今でも「トラウマを残してしまったのではないだろうか」と心配になることがあります。院長自身も幼少時代に歯の治療で嫌な思いをしてきたので、歯医者さんで嫌な思いをさせてはいけないと考えています。

多くのお子さんは、歯医者さんの雰囲気に馴染めず不安を感じます。当院ではいきなり治療はせず、まずは診察室の雰囲気に慣れることから始めます。お子さんのペースに合わせて進めていくので、怖がるお子さんはほとんどいません。通院するごとにできることが増えていきますので、治療が始まる頃には歯医者さんに行くのが楽しみになっています。

慣れてから治療を始めます
嫌がるお子さんには、診療台の乗り降りや治療用の道具に触ってもらい、診察室の雰囲気に慣れてもらいます。治療が始まるまでに時間がかかり「むし歯が大きくなるのでは?」と心配するご両親のお気持ちも理解できます。けれども、治療を急いだために歯医者さん嫌いにさせてしまうことは、お子さんの将来にとって決してよいことではありません。

歯医者さんが怖くないとわかれば、お子さんは進んで治療を受けてくれます。少し遠回りとなりますが、心配せずにお子さんを見守っていただきたいと思います。

ご家族の協力で、お子さんの自主性を引き出す小児歯科
スタッフを含めできるだけ優しい対応を心がけていますが、逆に甘やかし過ぎるとかえって依存心の強いお子さんにさせてしまいます。お子さんが自分で治療を受ける気持ちにならなければ、治療は先に進みません。

お口のぶくぶくうがいや歯磨きなど、次回の目標を決めて達成できるように、ご家族の協力をお願いすることもあります。歯型採りが苦手なお子さんにはトレーの貸し出しも行っていますので、ご家族と一緒に練習して慣れましょう。

治療が終わったら、お楽しみのガチャガチャが待っています!
上手に治療を終えた3歳から小学生までのお子さんには、ご褒美としてお楽しみのプレゼント(コイン)をご用意しています。待合室に器械(ガチャガチャ)を置いていますので、「ガチャガチャ」にコインを入れて回すとカプセルに入ったおもちゃが出てきます。何が出てくるのかはお楽しみ!

どのお子さんもわくわくしながら「ガチャガチャ」を回し、気に入ったおもちゃが出てくると大はしゃぎです。プレゼントを励みにして、歯医者さん嫌いを克服してほしいと思います。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方