歯のクリーニングで矯正治療中のむし歯を防ぐ

予防歯科矯正装置を装着する時、歯の表面にプラークが付着していると接着剤が効きにくくなり、うまく接着できないことがあります。装置を装着したあとも歯と装置の間の汚れが落ちにくくなり、むし歯ができやすくなります。矯正治療中にむし歯になると、装置を外して治療をしなければならず、その分、矯正治療期間が延びてしまいます。

当院では、歯のクリーニングで汚れを落とし、装置がつきやすい環境を整えてから装着します。通院するごとにクリーニングをしますので、治療中にむし歯になる方はほとんどいません。とはいえ、毎日の歯磨きは大切です。歯と装置の間に歯ブラシを当ててしっかり汚れを落とし、お口の中を清潔に保ちましょう。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方