食生活から嚥下指導まで

糖尿病指導の資格を持つ院長尿病指導の資格を持つ院長
歯周病と糖尿病は密接な関係があります。院長は、公益社団法人日本糖尿病協会の認定する歯科医師です。糖尿病に関する知識が豊富で、口腔ケア、食生活・生活習慣など、専門的な視点からのアドバイスを提供しています。

矯正専門医の中でこの資格を持つドクターはそう多くはいません。より適切な歯周病予防の指導をするために、この資格を取得しました。

高齢者介護に取り組む歯科衛生士
高齢化に伴い、嚥下障害でお困りのご高齢者が増えています。嚥下障害は、食べ物や飲物が飲み込みにくくなる障害です。

当院の歯科衛生士は、訪問介護や老人ケアの意識が高く、嚥下障害がある方へのリハビリや食生活のアドバイスに力を入れています。唾液の分泌を促す「あいうべ体操」や舌の動かし方、マッサージなどを指導しながら、ご高齢者の口腔ケアに取り組んでいます。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方