矯正治療で使用するマウスピース

矯正治療で使用するマウスピースには、インビザラインやムーシールド、スプリントなどがあります。それぞれ適応症例がありますので、患者さんの症状に合わせて最適な装置をご提案いたします。

インビザライン、アソアライナー
プラスチック製のマウスピース装置で、主に成人矯正で使用します。取り外しができ、痛みや違和感が少なく、矯正治療中のストレスもほとんどありません。透明で目立ちにくく、人目を気にせずに治療ができます。

詳しくはこちらをご覧ください

ムーシールド、EF line.
お子さんの反対咬合(受け口)を改善するマウスピース型の装置です。上口唇の圧力を排除し、オトガイ部に過緊張を起こし、そして低位で機能する舌を挙上させることで反対咬合を改善します。

詳しくはこちらをご覧ください

マルチファミリー、EF line.
お子さんの上顎前突(下顎の後退)を改善するマウスピース型の装置です。お口周りの筋肉の緊張を緩和し、下顎の成長を適切な状態へ誘導します。

詳しくはこちらをご覧ください

トゥースポジショナー
理想的な歯並びや咬み合わせに仕上げるために使用するマウスピース型の装置です。日中数時間と就寝時に装置を装着することで、大部分の患者さんは理想的な咬合が達成されます。

詳しくはこちらをご覧ください

スプリント
顎関節症の治療で使用するマウスピース型の装置です。スプリントを装着して全体の歯に均等に力を加えることで、顎関節にかかる負担を軽減します。

詳しくはこちらをご覧ください

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方