顎関節症は現代人に多い症状

顎関節症顎関節症とは、顎の関節や筋肉の働きに異常があり、違和感や痛みなどが現れる症状です。ある調査によると「アメリカ人の40%は顎関節症の症状がある」という報告があります。現代人に多い症状の1つでもあり、日本人でも顎の痛みや違和感を訴える人が急増しています。

顎関節症の主な症状
顎関節症の症状は、顎だけでなく、頭痛や肩こりなど全身に現れることがあります。

<顎に現れる症状>
・顎やこめかみの筋肉のこりや痛み
・顎関節の炎症や痛み
・顎関節のクリック音(カクカクとした音)
・顎関節の脱臼や異常な動き
・咬み合わせのズレ
・顔や頭、顎の骨のゆがみ  など

<全身に現れる症状>
・肩や首のコリ
・頭痛、めまい、耳鳴り
・睡眠障害
・飲食物を飲み込みづらい
・自律神経失調症
・うつ病   など

顎関節症の原因
顎関節症の原因には、咬み合わせの異常や食いしばりなどがあります。咬合面が高すぎたり低すぎたりすると、咬み合わせが悪くなります。咬みしめたときに力のバランスが崩れると、歯に強い力が加わって顎の関節に負担がかかります。そのため、顎の筋肉も緊張して痛みや違和感が生じるのです。

また、精神的なストレスも顎関節症の原因の1つで、ストレスを緩和しようとして奥歯でぎゅっと咬みしめて顎に負担がかかる、と言われています。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方