顎口腔機能診断装置を使った顎関節症の診断

顎関節症の診断咬合診断・顎口腔機能を診断する装置です。顎関節症の治療では、顎口腔機能診断装置で下顎の動きを確認します。顎の位置や顎関節、筋肉の働きを計測して診査・診断を行うことで、歯・顎・筋肉バランスを考えた理想的な治療ができます。治療後、どこまで口を開けられるようになったかを調べ、顎関節症が改善されたかどうかを判断します。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方