スタンダードな矯正治療【ワイヤー矯正】

ワイヤー矯正は、歯の表側に装置(ブラケット)を取りつけてワイヤーの力で歯を動かす方法です。ブラケットにワイヤーを通して歯を動かしていきます。ワイヤーを調整することで歯を自在に動かすことができ、あらゆる症例に対応できます。

装置にはメタルブラケットやセラミックブラケットなどがあり、患者さんのご要望に合わせてお選びいただけます。

メタルブラケットメタルブラケット
金属製のブラケットです。壊れにくく丈夫ですが、お口を開けると金属が目立ってしまいます。ギラギラ感があり見た目が気になりますが、ほかの矯正装置に比べて費用を抑えることができます。

コンポジットブラケットコンポジットブラケット
ワイヤーと接する部分がメタルで、それ以外の部分が硬質の樹脂でできている目立たない装置です。透明感があるので歯になじみやすく、口を開けてもほとんど目立ちません。審美性の高いブラケットなので、見た目を気にせずに治療をしたい方にはおすすめです。

セラミックブラケットセラミックブラケット
セラミック製の審美性の高い装置です。歯の色に近い白さで、装着していてもほとんど目立ちません。メタルブラケットに比べると費用は高くなりますが、見た目を気にする方に適しています。

ゴムメタル(GUMMETAL)ゴムメタル
新世代の新チタン合金ワイヤーで、やわらかくゴムのような特質があります。しなやかでありながら強度があって腰が強く、歯列矯正には最適なワイヤーです。ゴムのように曲げることができるので、日本人の歯列に合ったアーチを作ることができます。従来の摩擦の少ないワイヤーの2分の1の摩擦力で、痛みの少ない矯正と治療期間の短縮を実現しています。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方