目立たない矯正治療【舌側矯正】

Incognito(インコグニト)インコグニト
インコグニトはドイツで開発された矯正システムで、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着するため、装置をつけていることが他人から見えない方法です。

従来の舌側矯正はブラケットに厚みがあり、舌に当たったときに痛みや違和感があり、しゃべりにくさがあります。インコグニトは、CAD/CAMで設計・製作する完全オーダーメイドの矯正システムです。歯型を元に設計するので薄く仕上がり、装着時の痛みや違和感が軽減されます。また、お口の中が広くなり、舌がスムーズに動くようになるので楽にしゃべれるようになります。

歯の動きをシミュレーションしてワイヤーを事前に作っているのでワイヤー交換が楽になり、調整時間も短縮できます。営業職や受付など、人と接する機会や話す機会が多い方に適しています。また、装置自体が金でできているため、金属アレルギーがある方にも適しています。ただし、歯の表側に装置を装着するワイヤー矯正に比べると費用は高めです。

STbSTb
日本で開発された小型の舌側矯正装置で、歯の裏側に装着して使用します。従来の舌側矯正装置に比べてコンパクトな設計で、約10分の1の弱い力で歯を動かすことができます。これにより矯正治療中の痛みが少なく、治療期間の短縮が可能となりました。

クリッピー Lクリッピー L
歯の裏側に装着するセルフライゲーションシステムです。セルフライゲーションとは、特殊な構造をした矯正装置を使うことで、装置とワイヤーの間に起きる摩擦抵抗を抑えるシステムです。弱い力で持続的に歯を動かすことができ、治療期間が短くなり、痛みの少ない矯正治療ができます。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方