痛みや苦痛が少ない確実な治療

一般歯科

「小さいむし歯なのに、大きく削られてしまった」
「むし歯が大きくて、神経を抜く処置が必要と言われた」
「治療中の痛みが不安」

今までの治療は、歯を大きく削ったり神経を抜いたりするため痛みや苦痛が伴いました。こうした治療に代わり、最近では痛みや削る量を抑えた治療が主流です。当院でも、身体への負担が少ないMI治療(ミニマルインターベンション)に取り組んでいます。

●ミニマルインターベンション(Minimal Intervention)
むし歯になった部分だけを削り、確実な処置をする治療方法です。「最小限の侵襲」と訳され、感染部だけを削るので歯に与えるダメージがありません。また、削る量を最小限に抑えるので神経を残せる可能性が高まり、歯の寿命を延ばすことができます。

【MI治療】拡大鏡を使った精密な治療拡大鏡
肉眼では判断が難しい場所や細かい処置を必要とするとき、拡大鏡で患部を拡大しながら治療をします。2.5倍、5倍、10倍の3種類の拡大鏡を使い分けることで、症状に合わせた確実な治療ができます。拡大鏡の使用により、削り過ぎや削り残しのない、精密な治療が可能となりました。

【MI治療】う蝕検知液でむし歯を確実に削るう蝕検知液
治療後の再発を抑えるには、むし歯を確実に削り取ることが大切です。しかし、肉眼では完璧に取り除いたように見えても、拡大すると細菌が残っていることがあります。そこで当院では、う蝕検知液を使った確実なむし歯治療を行っています。

う蝕検知液を歯に塗るとむし歯に感染した部分が染まるので、むし歯だけを的確に削ることができます。これにより、削る量を最小限に抑えた確実な治療ができるようになりました。

【MI治療】高速エンジン高速エンジン
ドリルで歯を削るときの痛み・振動やキーンと響く金属音は、患者さんにストレスを与えます。当院では、高速エンジンのドリルを使った、痛みや音の少ない治療を行っています。高速エンジンの特徴は、回転数が早いので削るときの振動が少ないこと。通常のドリルに比べて騒音や痛みが少ないので、お子さんでも怖がらずに治療を受けられます。

【MI治療】手用切削器具(スプーンエキスカベーター)手用切削器具
神経に近いむし歯を削るとき、ドリルを使うと削り過ぎてしまうことがあります。こうした削り過ぎは、手用切削器具(スプーンエキスカベーター)を使うことで防げます。手用切削器具は歯を削る金属器具で、手に持ってむし歯をていねいに削り取っていきます。処置時間はかかりますが、削る量を最小限に抑えることができます。

【MI治療】レーザー治療レーザー治療
国内で唯一、歯を削ることが認可されたEr:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)を使った痛みの少ない治療を行っています。レーザーを照射するとむし歯だけに反応して、痛みや苦痛を与えずに一瞬にして悪い部分を取り除くことができますので、非常に安全性が高い装置です。当院では他にNd-YAGレーザー(ネオジウムヤグレーザー)も導入しています。

レーザーには傷ついた細胞の修復作用や治癒力を促す働きがあり、痛みを緩和して出血の少ない、低侵襲(患者さんの身体を傷つけない)治療が可能となりました。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方