できるだけ歯を守る治療

保存療法で歯を残す歯を守る治療
当院は、できるだけ歯を残すことを基本とした治療を行っています。むし歯の大きさなどによっても異なりますが、覆髄材やMTAセメントなどを使って、歯を残すための最大限の努力をいたします。神経近くまでむし歯が達していても、自然治癒力で炎症が落ち着く場合があるので、できるだけ抜髄をせずに経過観察をするように努めています。

治療回数が少なくなれば、治療中の痛みや精神的なストレスも減ります。可能な限り少ない治療回数で、歯を残すための努力をいたします。

【MTAセメント】神経の保存療法歯を守る治療
神経の保存療法とは、MTAセメントを使った、神経を保存する治療法です。通常、神経近くまでむし歯が広がっていると神経を抜かなければなりません。この治療法が登場したことで、神経付近に達したむし歯でも、神経を残せる可能性が高まりました。

治療では、歯を削り、露出した神経の部分に抗菌作用のあるMTAセメントを詰めて、レジンなどで修復します。神経に達したむし歯には適応できませんが、海外では画期的な治療法として普及しています。

●MTA(Mineral Trioxide Aggregate)セメント
1993年にアメリカで開発された歯科用セメントで、歯の底に開いた穴や歯に入ったヒビなどを修復するときに使用します。生体親和性が高く、むし歯の穴や、開いた穴まで修復できる、応用範囲の広いセメントです。海外では1998年以降から使われるようになりましたが、日本では遅く、2007年に認可が下りて覆髄材として使用されるようになりました。

<MTAセメントのメリット>
・生体親和性が高く、予後が安定している
・適応症例が幅広く、神経に達していなければ治療が可能
・神経を保存できる可能性が高い

【3Mix-MP法】歯をほとんど削らずにむし歯を治す歯を守る治療
3Mix-MP法は歯をほとんど削らないむし歯治療で、3種類の抗菌剤を使ってむし歯を死滅させる治療です。むし歯をごく少量だけ削り、その上から抗菌剤(3Mix)を詰めます。薬が内部に浸透するとむし歯菌が死滅するので、歯や神経にダメージを与えずにむし歯を治すことができます。

従来の治療では抜髄を必要とする大きなむし歯でも、3Mix-MP法を使うことで神経を残したまま治療ができるようになりました。また、治療が難しい根の病巣も3Mix-MP法で状態を安定させることができるので、歯を残せる可能性が広がります。

<3Mix-MP法のメリット>
・歯を削る量が少ないので、痛みやダメージがほとんどない
・麻酔を使わずに治療することができる
・神経を保存できる可能性が高まる
・短期間に治療が終わる
・根の病巣の治療にも有効で、歯を残せる可能性が高まる
・歯を長持ちさせることができる

【歯内療法】根管治療で歯を残す歯を守る治療
歯の痛みや腫れがあるのに治療をせずに我慢していると、痛みが消えることがあります。症状がなくなったので安心しがちですが、歯の内側では大変なことが起きています。神経が壊死して根の先に炎症が起き、腫れたり膿が溜まったりしています。この状態になると治療は難しく、ひどい場合は歯を抜かなければなりません。こうした状態の悪い歯を救う治療法が歯内療法(根管治療)です。

重度のむし歯で歯のほとんどが失われたとき、治療したはずの歯が再び痛くなったり腫れてきたりしたときなど、根管内(根の中)をキレイに洗浄して薬を詰め、再び細菌が侵入しないように完全密封します。

根の先は複雑に分かれていて、しかも肉眼では見えないため、歯内療法を行うには経験と勘だけが頼りです。当院では患部を拡大鏡で見ながら治療をするので、肉眼ではわからない根の先までしっかり確認でき、細かい作業も確実に処置します。現在の歯科医療において、歯内療法は重篤化した歯を保存できる唯一の治療と言えます。

できるだけ痛みの少ない治療歯を守る治療
麻酔注射や笑気麻酔による、痛みの少ない治療に取り組んでいます。通常は、表面麻酔を効かせてから麻酔をかけます。表面麻酔を効かせてから麻酔注射を打つので、針を刺したときの痛みや不快感はほとんどありません。それでも痛みの不安が強い方には、笑気麻酔をおすすめしています。

笑気麻酔を使うと緊張がほぐれ、痛みの不安や恐怖が和らぎます。ほとんどの方が「痛くなかった」「怖くなかった」とおっしゃっています。健康保険が適用できますので、痛みが苦手な方はご相談ください。

詳しくはこちらをご覧ください

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方