むし歯の進行状況と治療

むし歯とは、酸で歯が溶かされた状態のことを言います。溶かされた状態により、進行状況はCO~C4に分類されます。

CO(初期むし歯)CO
歯の表面がうっすらと濁った状態です。つやがなく白濁していますが、まだ穴は開いていませんので、痛みやしみがありません。この段階であれば、歯磨きやフッ素塗布などで、再石灰化が期待できます。

C1(エナメル質のむし歯)C1
エナメル質が酸によって溶かされて白く濁っている状態ですが、痛みやしみはありません。この段階では、むし歯を削って保険の白い詰め物を詰めます。

C2(象牙質のむし歯)C2
歯に小さな穴が開き、むし歯が象牙質に達した状態です。冷たい物や甘い物を食べたり飲んだりすると、痛みやしみを感じるようになります。この段階ではむし歯だけを削り、保険の白い詰め物を入れます。

C3(歯髄のむし歯)C3
歯に大きな穴が開き、むし歯が神経付近にまで達しています。舌で触ると穴がはっきりとわかり、食べ物が神経に触れると痛みやしみがあります。この段階になったら歯を大きく削り、抜髄処置(神経を取る処置)をして、保険または自費の被せ物を被せます。

C4(根の先のむし歯)C4
むし歯が根の先まで達し、さらに悪化すると根の先に膿や炎症が起きて激しく痛みます。この段階では歯を大きく削って抜髄処置を行い、被せ物を装着します。それでも完治が見込めない場合は、残念ながら抜歯となります。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方