顎関節症の原因の1つである咬み合わせの問題を改善します

顎関節症

・顎を動かすと、カクカクなど異常な音がする
・口を大きく開けられない
・咬み合わせたときに違和感がある
・物を食べると顎が痛くなる
・こめかみや頬骨を押すと痛みがある
・朝起きると顎の動きが鈍い

このような症状でお困りの方はいませんか?もし顎の関節に強い違和感があれば、顎関節症の疑いがあります。放置していると症状が悪化してきますので、早めに口腔外科がある歯科医院に相談することをおすすめします。

顎関節症は現代人に多い症状

顎関節症顎関節症とは、顎の関節や筋肉の働きに異常があり、違和感や痛みなどが現れる症状です。ある調査によると「アメリカ人の40%は顎関節症の症状がある」という報告があります。現代人に多い症状の1つでもあり、日本人でも顎の痛みや違和感を訴える人が急増しています。

顎関節症の主な症状
顎関節症の症状は、顎だけでなく、頭痛や肩こりなど全身に現れることがあります。

<顎に現れる症状>
・顎やこめかみの筋肉のこりや痛み
・顎関節の炎症や痛み
・顎関節のクリック音(カクカクとした音)
・顎関節の脱臼や異常な動き
・咬み合わせのズレ
・顔や頭、顎の骨のゆがみ  など

<全身に現れる症状>
・肩や首のコリ
・頭痛、めまい、耳鳴り
・睡眠障害
・飲食物を飲み込みづらい
・自律神経失調症
・うつ病   など

顎関節症の原因
顎関節症の原因には、咬み合わせの異常や食いしばりなどがあります。咬合面が高すぎたり低すぎたりすると、咬み合わせが悪くなります。咬みしめたときに力のバランスが崩れると、歯に強い力が加わって顎の関節に負担がかかります。そのため、顎の筋肉も緊張して痛みや違和感が生じるのです。

また、精神的なストレスも顎関節症の原因の1つで、ストレスを緩和しようとして奥歯でぎゅっと咬みしめて顎に負担がかかる、と言われています。

顎関節症の治療

顎関節症の治療顎関節症は顎関節の病気です。通常の歯科医院では診断が難しく、口腔外科の領域となります。歯科医院で診断を受けるときは、診療科目に口腔外科を掲げているかどうかを目安にするとよいでしょう。

当院では口腔外科の診療も行っています。矯正専門医の立場から咬み合わせと顎関節の関係を正確に診断し、顎関節症を治療いたします。

治療では、スプリント(マウスピース)が重要な役割を果たします。煩わしさを感じてモチベーションを維持できない方もいますので、マウスピースの必要性をきちんと説明し、理解していただいた上で治療に進みます。

顎口腔機能診断装置を使った顎関節症の診断

顎関節症の診断咬合診断・顎口腔機能を診断する装置です。顎関節症の治療では、顎口腔機能診断装置で下顎の動きを確認します。顎の位置や顎関節、筋肉の働きを計測して診査・診断を行うことで、歯・顎・筋肉バランスを考えた理想的な治療ができます。治療後、どこまで口を開けられるようになったかを調べ、顎関節症が改善されたかどうかを判断します。

顎関節症の主な治療法

マイオモニター(低周波治療機器)療法顎関節症の主な治療法
マイオモニターは、筋肉の緊張をほぐすために使用する低周波治療機器です。顎関節症の方は、側頭筋(こめかみ)や咬筋(頬の筋肉)の緊張が強い傾向にあります。筋肉が緊張していると顎関節に負担がかかり、顎の動きが悪くなるので、低周波を当ててほぐします。45~60分ほど低周波を当てるとこめかみや頬の筋肉がほぐれ、緊張が和らいできたことを確認できます。

スプリント療法顎関節症の主な治療法
スプリントやオーソシスと呼ばれるマウスピースを装着して、顎関節症を治療します。顎関節の関節円板がズレていると顎の動きや咬み合わせが悪くなり、顎関節症を引き起こします。スプリント療法では、マウスピースを装着して上下の歯で咬み合わせたときの力を均等にし、顎関節にかかる力を軽減します。同時にお口周りの筋肉の緊張がほぐれてくるので、顔立ちも変わってきます。

成人の場合、数か月~1年ほどで顎関節の改善が見られます。小児の場合は、下顎が正しく発達して発育や成長が促されます。

薬物療法顎関節症の主な治療法
顎関節症が悪化すると痛みが伴って、お口の開閉が困難となります。強い痛みがある場合は痛みを取り除くことが先決なので、薬物療法で痛みをコントロールします。薬物療法は、症状に応じて薬を処方します。たとえば激しい痛みには鎮痛剤、顎の筋肉の緊張が強い場合は筋弛緩薬です。また、ストレスからくる顎関節症の場合は、医師より抗不安薬が処方されることがあります。

レーザー療法顎関節症の主な治療法
顎関節症で痛みや開閉困難な症状があるときは、レーザー療法で緩和します。顎関節の部分にレーザーを照射すると血行がよくなり、痛みが和らいでお口が開きやすくなります。皮膚の上から直接レーザーを当てますが痛みはなく、じんわりと温かくなってきます。

顎関節症の治療の流れ(例)

Step 1. カウンセリング
生活習慣を含めた問診と、各種検査を行います。検査内容は、咬み合わせや筋肉の張りのチェック、顎関節部のレントゲン撮影やCT撮影などがあります。

次へ
Step 2. 診断
診査結果をもとに診断し、治療計画を立てます。

次へ
Step 3. 咬み合わせの調整
必要があれば、歯の咬む面を削ったり盛ったりして、咬み合わせを安定させます。

次へ
Step 4. スプリントの製作
歯型を採取して、スプリント(マウスピース)を製作します。食いしばりを安定させるために、治療期間中は装着したまま就寝していただきます。通常は、2~6か月程度で食いしばりが改善されます。なお、治療期間は症状によって変わってきます。

次へ
Step 5. 被せ物の製作
スプリント治療で食いしばりが改善されたあと、安定した状態を維持するために、被せ物を作り直すことがあります。

【口腔外科】親知らずの抜歯も当院でできます

口腔外科親知らずが痛くて歯科医院に行ったのに、抜歯ができないと断られた経験はありませんか?親知らずが横から生えていたり顎の骨の中に埋まっていたりすると、一般歯科での抜歯は難しく、大学病院の口腔外科や口腔外科医のいる歯科医院での処置が必要です。当院は口腔外科にも対応していますので、特殊な場合を除き、複雑な親知らずも院長が抜歯いたします。

口腔外科とは
口腔外科とは、外科手術を必要とする口腔内の治療です。あまりなじみのない診療科目ですが、骨の中に埋まっている親知らずの抜歯やインプラント手術といえばおわかりになると思います。

主に、一般歯科では難しい歯や親知らずの抜歯、口腔内のでき物の除去手術、インプラント手術などが挙げられます。口腔外科の領域は幅広く、咀しゃく・嚥下・発音などの顎口腔機能全般から、内科的処置やストレス障害まで、多岐にわたります。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方