見えない矯正装置やスピード矯正など、できる限りご要望に応じます

矯正歯科の治療方法

矯正歯科には色々な治療法があり、症状に合った装置を使うことで理想的な歯並びや咬み合わせに導くことができます。当院ではスタンダードなワイヤー矯正から目立たない矯正、舌側矯正、マウスピース矯正、スピード矯正など、幅広い矯正方法に対応し、できる限り患者さんのご要望にお応えいたします。

精度の高い矯正治療~インダイレクトボンディング法

インダイレクトボンディング法ワイヤー矯正で最も神経を使うのは、矯正装置を装着するときです。従来のワイヤー矯正は直接歯にブラケットと呼ばれる装置を装着しますが、1本1本の歯に取りつけるため時間がかかり、技術力も問われます。そこで当院では、より正確な位置にブラケットを取りつけるために、インダイレクトボンディング法を採用しています。

インダイレクトボンディング法とは、模型を使ってブラケットを正確に装着する方法です。歯型の模型でブラケットの位置を決めたあと、専用のトレーを作って歯に取りつけます。模型を使うことで0.1mm単位、角度は1度単位の正確さで位置を決めることができます。また、すべてのブラケットを一度に取りつけることができるので、装着時間も大幅に短縮され調整もスピーディになります。

装着前の準備が必要で手間がかかる方法ですが、その分、精度の高い矯正ができるので優れた治療方法と言えます。なお当院では、白須賀直樹先生が考案された「白須賀法」に準拠したシステムを採用しています。また正確なセットアップ模型を製作するために、SAM咬合器I.E.ゲージを使用しています。インダイレクトボンディング法にかかわる作業は、基本的に院長が一つひとつていねい且つ精密に製作してます。

SAM咬合器
SAM咬合器に取り付けたI.E.ゲージ
感染対策
正確にセットアップされた模型

<インダイレクトボンディング法のメリット>
・歯の動くスピードが速くなる
・歯がキレイに並んで、治療の質が高くなる
・装着時間が短縮できる

スピード矯正を可能するTADを用いた矯正治療

アンカースクリューTADとはTemporary Anchorage Device(テンポラリーアンカレッジデバイス)の略で、矯正用インプラント(アンカースクリュー)を顎の骨の中に埋入し、それを固定源にして歯を移動させる方法です。インプラント矯正ともいわれ、TADを用いることでピンポイントで歯を動かすことができ、通常の矯正治療では不可能だった歯の移動が可能になります。また、これまで手術を必要とした重度の症例でも、手術を回避できる可能性が高まり、治療期間が短縮できるようになりました。スピードード矯正をする上でTADは重要な存在といえます。

支柱には矯正治療用のスクリューアンカーが使われます。固定源として利用するだけなので、インプラント治療で使用するインプラント体に比べるとコンパクトで、長さは10mm程度、太さも1.5~3mm程度です。

矯正用インプラントはねじ式で、簡単な手術をして顎の骨の中に埋入します。埋入する位置に1mm程度の穴をあけて、その中にスクリューアンカーを入れます。手術時間は15分程度で終わり、手術中の痛みや出血はほとんどありません。術後の痛みも比較的少ないので痛み止めを飲めば大丈夫です。

TADのメリット
TADを用いることで、通常の矯正治療では不可能だった複雑な歯の動きや、非抜歯矯正、スピード矯正が可能になります。

●スピード矯正が可能
動かしたい歯だけをピンポイントで移動させることができ、動かした後に元の場所に動こうとしたり、他の歯まで一緒に動くことがないので、通常の矯正治療に比べて短い期間で効率よく歯が動いて、スピード矯正が可能になります。

●非抜歯矯正が可能になる
強い力を加えて歯を動かせるので移動距離を大きくすることができ、抜歯を必要な場合でも非抜歯矯正でできる可能性が高まります。

●ピンポイントで歯を動かせる
動かしたい歯だけに矯正装置を装着して移動させることができるので、最低限の装置の数で済み、装着時の違和感も軽減できます。

●むし歯リスクを軽減できる
スピード矯正が可能になるので装置の装着期間が短くなり、むし歯のリスクが軽減できます。

TADのデメリット
●埋入するための手術が必要
顎の骨の中にスクリューアンカーを埋入するため、簡単な手術が必要です。もちろん麻酔をして行うので、術中の痛みや出血はほとんどありません。

●治療修了後、取り除く必要がある
矯正治療が終わればスクリューアンカーを取り除く必要があります。インプラントといっても骨と結合していませんので、麻酔をせずに簡単に取り除くことができます。

●破損する恐れがある
インプラント治療用のスクリューアンカーに比べると強度がなく、治療中に折れてしまうことがあります。その場合は麻酔をしてスクリューアンカーを取り除きます。

スタンダードな矯正治療【ワイヤー矯正】

ワイヤー矯正は、歯の表側に装置(ブラケット)を取りつけてワイヤーの力で歯を動かす方法です。ブラケットにワイヤーを通して歯を動かしていきます。ワイヤーを調整することで歯を自在に動かすことができ、あらゆる症例に対応できます。

装置にはメタルブラケットやセラミックブラケットなどがあり、患者さんのご要望に合わせてお選びいただけます。

メタルブラケットメタルブラケット
金属製のブラケットです。壊れにくく丈夫ですが、お口を開けると金属が目立ってしまいます。ギラギラ感があり見た目が気になりますが、ほかの矯正装置に比べて費用を抑えることができます。

コンポジットブラケットコンポジットブラケット
ワイヤーと接する部分がメタルで、それ以外の部分が硬質の樹脂でできている目立たない装置です。透明感があるので歯になじみやすく、口を開けてもほとんど目立ちません。審美性の高いブラケットなので、見た目を気にせずに治療をしたい方にはおすすめです。

セラミックブラケットセラミックブラケット
セラミック製の審美性の高い装置です。歯の色に近い白さで、装着していてもほとんど目立ちません。メタルブラケットに比べると費用は高くなりますが、見た目を気にする方に適しています。

ゴムメタル(GUMMETAL)ゴムメタル
新世代の新チタン合金ワイヤーで、やわらかくゴムのような特質があります。しなやかでありながら強度があって腰が強く、歯列矯正には最適なワイヤーです。ゴムのように曲げることができるので、日本人の歯列に合ったアーチを作ることができます。従来の摩擦の少ないワイヤーの2分の1の摩擦力で、痛みの少ない矯正と治療期間の短縮を実現しています。

目立たない矯正治療【舌側矯正】

Incognito(インコグニト)インコグニト
インコグニトはドイツで開発された矯正システムで、歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着するため、装置をつけていることが他人から見えない方法です。

従来の舌側矯正はブラケットに厚みがあり、舌に当たったときに痛みや違和感があり、しゃべりにくさがあります。インコグニトは、CAD/CAMで設計・製作する完全オーダーメイドの矯正システムです。歯型を元に設計するので薄く仕上がり、装着時の痛みや違和感が軽減されます。また、お口の中が広くなり、舌がスムーズに動くようになるので楽にしゃべれるようになります。

歯の動きをシミュレーションしてワイヤーを事前に作っているのでワイヤー交換が楽になり、調整時間も短縮できます。営業職や受付など、人と接する機会や話す機会が多い方に適しています。また、装置自体が金でできているため、金属アレルギーがある方にも適しています。ただし、歯の表側に装置を装着するワイヤー矯正に比べると費用は高めです。

STbSTb
日本で開発された小型の舌側矯正装置で、歯の裏側に装着して使用します。従来の舌側矯正装置に比べてコンパクトな設計で、約10分の1の弱い力で歯を動かすことができます。これにより矯正治療中の痛みが少なく、治療期間の短縮が可能となりました。

クリッピー Lクリッピー L
歯の裏側に装着するセルフライゲーションシステムです。セルフライゲーションとは、特殊な構造をした矯正装置を使うことで、装置とワイヤーの間に起きる摩擦抵抗を抑えるシステムです。弱い力で持続的に歯を動かすことができ、治療期間が短くなり、痛みの少ない矯正治療ができます。

マウスピースを使った矯正治療

Invisalign(インビザライン)インビザライン
アメリカで開発されたマウスピース型の目立ちにくい矯正装置です。ワイヤーを一切使わない、透明なプラスチック製のマウスピースで、誰にも気づかれずに矯正ができます。

歯の動きをコンピューター上でシミュレーションし、治療中に使用するすべてのマウスピースをオーダーメイドで製作します。2~3週間に1回、形が異なるマウスピースに交換して、少しずつ歯を動かしながら歯並びを整えていきます。

インビザラインの最大の特徴は、目立たず、取り外しができる点です。取り外して食事や歯磨きができるので、治療中のむし歯を防ぐことができます。ワイヤー矯正や舌側矯正に比べて痛みや違和感が少なく、矯正治療中も快適に過ごせます。ただし歯を複雑に動かすことは難しく、適応できる症例が限定されています。

アソアライナーアソアライナー
日本で生産されるマウスピース型の目立たない矯正装置です。マウスピースは透明なプラスチック製なので、装着していてもほとんどわかりません。

アソアライナーは、歯型に合わせたマウスピースを定期的に交換しながら歯を動かしていく矯正法です。一定期間アソアライナーで歯を動かしたあと、歯型を採って新しいマウスピースを製作します。毎回歯型を採るため患者さんの負担も大きくなりますが、その分、正確です。効果的に歯を動かすことができるので治療の精度が高まり、ほかのマウスピース矯正に比べて費用を抑えることもできます。

ムーシールドムーシールド
ムーシールドは、お子さんの反対咬合(受け口)を早期の初期で治療する、マウスピース型の「機能的顎矯正装置」です。反対咬合の原因の1つに「舌」の働きがあります。舌の位置が低いため、下顎が前に押し出されて過剰に成長し、反対咬合となります。

ムーシールドの目的は、低位で機能する舌の位置を正常な位置に戻し、お口周りの筋肉バランスを整えることです。上口唇の圧力を排除することで上顎の発育を促し、オトガイ部に過緊張を起こすことで下顎の成長を抑えて反対咬合を改善します。就寝中に装着するだけの簡単さで、痛みや違和感はありません。3歳ぐらいから適応でき、1年間を目途に使います。

マルチファミリーマルチファミリー
お子さんの上顎前突(下顎の後退)を早期の初期で治療する、マウスピース型の「筋機能矯正装置」です。5歳ぐらいから適応でき、日中の咬み込みトレーニングを含む4時間程度と就寝時、合わせて15時間の使用で、不正咬合の一原因である「口腔周囲筋の不調和」の改善が期待できます。

EF line.EF line.(EFライン)
お子さんの歯並びは、唇を嚙んだり、舌を突き出したりする、悪い癖が原因です。EF line.は、本格的な矯正治療を始める前に、こうしたクセを取り除いて口腔周囲筋の不調和を改善し、永久歯が正しく生えてくるように促す治療方法です。装置は取り外し式ができるマウスピース型で、子どもの自然な発育を利用して、4歳から8歳頃に治療を始めます。

トゥースポジショナートゥースポジショナー
オーダーメードのマウスピース型矯正装置で、理想的な歯並びや精密な咬み合わせに仕上げるために使用します。日中数時間と就寝時に装置を装着することで、大部分の患者さんは理想的な咬合が達成されます。また、治療後の歯を固定させるための保定装置として使用することもあります。

プリフィニッシャープリフィニッシャー
既製品の上下一体型のマウスピース矯正装置です。トゥースポジショナーはオーダーメード装置なので、セットアップ模型から制作しなければなりません。その点、予め制作されているので購入後すぐに使用できます。

※なお、マウスピースを使った矯正治療は症例によって適応できない場合もあります。当院では、正確な診査・診断を行った上でご提案いたします。

スピード矯正

DAMON(デイモン)システムスピード矯正
デイモンシステムは、新発想のブラケットによりスピード矯正を実現する矯正システムです。従来のワイヤー矯正では装置にワイヤーを縛りつけていたため、摩擦が大きく痛みの原因にもなっていました。

デイモンシステムは装置にワイヤーを縛りつけないので、少ない摩擦とソフトな力で歯を動かすことができます。歯周組織に与えるダメージも少なくなり、痛みの軽減と治療期間の短縮を実現しています。

<デイモンシステムの特徴>
・歯を効率よく動かすので、短期治療が可能
・痛みや違和感が少ない
・歯を抑えつけないので、質の高い治療ができる
・長期的に安定した咬み合わせを実現
・歯周組織に与えるダメージが少ない

クリッピーシステムスピード矯正
特殊な構造を持つ、セルフライゲーションシステムを採用したシステムで、治療期間の短縮と痛みの少ない矯正治療を可能としています。

これまでの矯正装置はブラケットとワイヤーをゴムや細い針金(結紮線)で固定するため、歯を動かすときの摩擦が大きく、痛みが強く、歯にも負担をかけていました。セルフライゲーションシステムは特殊な構造のブラケットを使用しているので、ワイヤーを固定させる必要がありません。

ブラケットにはクリップ状の蓋がついていて、この蓋がワイヤーを留めています。固定させないのでブラケットとワイヤー間に余裕が生まれ、弱い力を持続させながら歯を動かすことができるのです。

クリッピーシステムを使用することで歯が早く動くようになり、痛みの少ない矯正治療が可能となりました。

<クリッピーシステムの特徴>
・歯を動かしたときの痛みが少ない
・歯が早く動くので、治療期間が短縮できる
・歯にかかる負担が少ない

JET system(ジェットシステム)スピード矯正
ジェットシステムは、パッシブセルフリゲーティングブラケットの可能性を最大限に引き出すための治療システムで、抜歯症例において1年で治すことができるようになった治療法です。従来の治療法とはまったく違ったアプローチで治療を進めていくことにより、治療期間の短縮と痛みの軽減を実現しています。

<ジェットシステムの特徴>
●従来の治療は、ステップを1つひとつ踏みながら治療を進めていきます。ジェットシステムでは複数のステップを同時進行させるので、治療期間が短縮できます。

●矯正装置に「パッシブセルフリゲーティングブラケット」を使用したことで、弱い力でも痛みの少ないスピード矯正を可能としました。

●自然治癒力を利用し、抜歯後すぐに治療を始めることで、治療期間が短縮できます。

気になる部分だけの矯正治療

部分矯正部分矯正
部分矯正は、気になる部分だけを矯正する方法です。歯並びを整えたい部分だけにブラケットを装着して整えていきます。お口全体の矯正に比べると治療期間が短縮でき、使用する装置の数も少ないので治療費用を抑えることができます。

部分矯正は、主に前歯の凹凸の矯正に適しています。抜歯をしなくて済みますが、口元の印象が変わる場合があります。このことを理解せずに治療を受けるとトラブルに発展しますので、画像をお見せして口元の変化を詳しく説明します。理解してから治療を受けていただくようお願いいたします。

2つの矯正法から選べる部分矯正
当院では、患者さんの症状やご要望に合わせて「ワイヤー矯正」と「マウスピース矯正」の2つの矯正法をご提案しています。どちらも従来の矯正治療に比べると、治療期間が短縮されて治療費用も軽減できますが、治療方法によって費用や期間が変わってきます。それぞれの違いをきちんと説明しますので、充分にご納得された上でご検討ください。

●ワイヤー矯正の特徴
ブラケットとワイヤーを使った矯正法です。基本的には犬歯から犬歯までの6本の歯に装置を取りつけて前歯を矯正します。平均的な歯を動かす期間は3か月~半年で、その後の保定期間も3か月~半年です。全体矯正に比べると短期間で歯並びが整います。

●マウスピース矯正の特徴
マウスピースを使った矯正法です。マウスピース矯正というと全体の歯を治すイメージがありますが、前歯だけ治したいといったご要望のように、気になる部分だけの矯正にも対応しています。装置は透明プラスチック製なので目立たず、人目を気にせずに矯正ができます。

一般的な治療期間は半年~1年半(歯を動かす期間:3か月~半年、歯を安定させる期間:3か月~半年)です。ワイヤー矯正に比べると、治療期間が少し長くなりコストもやや高めとなりますが、見た目が気になる方には最適な矯正法です。なお、歯並びによって適応できない場合もありますので一度ご相談ください。

<部分矯正のメリット>
・気になる部分だけを整えることができる
・短い期間で歯並びが美しくなる
・治療費用を抑えることができる

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方