麻酔による痛みの少ない治療

表面麻酔で痛みを緩和表面麻酔
治療中の痛みを緩和するために、麻酔をかけて治療をします。麻酔注射を打つときは、一瞬ですが痛みがあります。この痛みを抑えるために、表面麻酔を塗って充分に効かせてから麻酔注射をします。

表面麻酔は麻酔の前に使用するジェル状の麻酔薬です。直接幹部の粘膜に塗ると、しばらくして感覚が麻痺してきます。充分に効かせてから麻酔注射をするので、針を刺したときのチクッとした痛みが緩和されます。

電動麻酔器で痛みをコントロール麻酔注射
麻酔注射では麻酔薬を注入する痛みがあります。その痛みは、麻酔を注入するスピードによる余計な圧力です。電動麻酔器を使用すると、薬を注入する時の圧力や速度を一定にコントロールでき、麻酔時の痛みや違和感を抑えることができます。実際、多くの患者さまから「痛みがほとんどなかった」「思った以上に、あっという間に治療が終わった」 などの声をいただいております。

レーザーによる治療また、冷たい麻酔薬を使うと体温との温度差によって痛みを感じることがあります。当院では使用直前に麻酔薬の入ったカートリッジを体温程度に温めることによって、違和感や痛みを少なくしてます。

笑気麻酔で痛みの不安や緊張を取り除く笑気麻酔
麻酔注射だけでは不安や恐怖心が消えない方には、笑気麻酔をおすすめしています。笑気麻酔は笑気ガスを使った麻酔法の1つで、吸入すると神経が鎮静してきます。全身麻酔のように眠ってしまうことはなく、意識がぼーっとしてきて、全身がリラックスします。

麻酔の量は治療の流れや患者さんの状態を見ながら調整しますので、歯科医師の問いかけにも答えることができます。笑気吸入麻酔後は少しお休みいただければ麻酔が覚めますので、治療前とほとんど変わらない状態でお帰りになれます。

笑気麻酔は副作用がありませんので、子どもから大人まで、ほとんどの方にお使いいただけます。特に恐怖心が強いお子さんの場合は、笑気麻酔で全身をだらりとさせた方が安全な治療ができます。健康保険が適用できますので、痛みに弱い方、治療の不安や恐怖心が強い方はご相談ください。

Er:YAGレーザーによる治療レーザーによる治療
レーザー治療器にはいろんな種類がありますが、その中で歯を削ることが認可されているのがEr:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)だけです。Er:YAGレーザーは、生体組織の水分に反応するため、発熱が少なく周囲の組織への影響がほとんどありません。むし歯にレーザーをあてると一瞬にして歯の水分が蒸発し、むし歯部分だけが分解されるので、健康な部分は残すことができます。当院では痛みが少なく安全性の高いEr:YAGレーザーを保険治療でも使用しています。

Nd:YAGレーザーによる治療レーザーによる治療
麻酔をかけずに根管治療ができる場合は、Nd:YAGレーザー(ネオジウムヤグレーザー)で、痛みの少ない治療をしています。レーザーを照射しながら患部を冷やすと、痛みや出血が抑えられて身体への負担も軽減されます。またNd:YAGレーザーには、傷ついた細胞の修復作用や治癒を促す働きがあり、治療効果を引き出してくれます。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方