言葉をかけて、不安な気持ちを和らげる

不安な気持ちを和らげる麻酔をかけてから治療が始まるまでの間、患者さんの不安はピークに達します。スタッフは側に寄り添いながら「痛くありませんからね」「大丈夫ですからね」とお声をかけるように心がけています。

また、説明がないまま麻酔をすると不安になる方が多いので、事前に「麻酔をしますからね」「笑気麻酔をかけますからね」と説明するようにしています。たった一言ですが、患者さんに安心感を与えることも治療の1つだと考えています。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方