診断の精度を高める設備・装置

骨格や歯の状態を細部まで把握できる「CTシステム」や、顎口腔機能を診断する「顎口腔機能診断装置」などを使用した検査で、正確な診断・分析を行っています。

歯科用CT歯科用CT
頭頚部(とうけいぶ)に限定したX線撮影装置です。撮影したデータをコンピューターで処理・解析します。解析結果は立体的に写し出され、口腔内の奥行、顎の形状、歯と骨の位置関係や、レントゲンでは判断できない根の先の状態や埋伏歯まで確認できます。

矯正治療やインプラント、口腔外科の分野では、正確な診断・分析をするためにCT検査は不可欠と言えます。

CTによる診断の詳細はこちら

デジタルレントゲンデジタルレントゲン
歯科治療では、歯の内部や骨の状態を知るためにレントゲン撮影は欠かせません。当院では、撮影で受ける放射線の影響を最小限にするためにデジタルレントゲンを導入しています。歯科用のデジタルレントゲンの撮影で受ける放射線量は、従来の歯科用のレントゲン撮影で受ける放射線量の4分の1から10分の1と常に少ないので、お子さまでも安心して治療をお受けいただくことができます。

顎口腔機能診断装置顎口腔機能診断装置
咬合診断・顎口腔機能を診断する装置です。顎の位置や顎関節、筋肉の働きを診査・診断し、歯・顎・筋肉バランスを考えた理想的な治療を可能としています。顎口腔機能装置から取り出したデータを咬合器に取り込むと、より正確な顎口腔機能診断ができます。当院では、スプリントの製作、多数歯欠損の治療、顎の動きや筋肉の緊張度の診断などにも顎口腔機能診断システムを活用しています。当院では顎口腔機能装置としてK7エバリュエーションシステムとWinJawシステムを使用しています。

マイオモニターマイオモニター
マイオモニターとは低周波治療器で、筋肉の緊張をほぐすために使用します。側頭筋(こめかみ)や咬筋(頬の筋肉)に低周波を当てて筋肉をほぐすと、こめかみや頬の筋肉がほぐれて緊張が和らぎます。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方