口腔外科やインプラントのみならず、CTは矯正治療でも大活躍!

CT

当院では歯科用CTシステムを導入し、CTを使った正確な診断と分析を行っています。通常の矯正治療では、レントゲンで撮影し、歯や骨の状態を調べて診断します。しかし、埋没している歯や骨の形、欠損状態までは確認できず、症状によっては診断が難しくなります。CT撮影をすることで歯や骨の状態を三次元的に把握でき、正確な診断・分析が可能となります。

インプラントの診断をするためにCTシステムを導入する歯科医院は多いと思います。一方で、矯正治療のためにCTを導入して診断する矯正歯科医院はそれほど多くなく、弘前市内ではごくわずかだと認識しています。

矯正治療からインプラント、口腔外科まで、必要に応じてCT撮影による正確な診断・分析を行うことで、質の高い治療をご提供いたします。

CTのメリット

レントゲンではわからない細部まで把握できるCTのメリット
矯正治療では、歯根の方向や位置、埋伏歯の位置などを確認しなければ正確に診断・分析ができない症例があります。インプラント手術や埋没している親知らずの抜歯においても、骨の厚さや親知らずの生えている位置を正確に把握しなければなりません。

CTで撮影した画像は、通常のレントゲンでは確認できない神経や血管が通る管の位置、埋没している歯や骨などを確認できます。また、口腔内の状態を立体的に再現できるので、診断・分析の精度が高まり、安全で質の高い治療を提供できます。

スピーディに治療を進められる
歯根の方向や位置、埋伏歯の位置などの確認が必要な場合、CTのない歯科医院では、提携医療機関でCT撮影をしてきてもらいます。CTを導入したことで、撮影から診断まですべてを院内で対応し、スピーディに治療・分析を進められます。患者さんもCT撮影のためだけに時間を割く必要がなくなりますので、煩わしさが減ります。

被ばく量が少なく身体に優しい
CTの放射線の被ばく量を心配する方がいますが、医科用のCTに比べると被ばく量は10分の1程度と言われています。被ばく量はごく微量(1年間の限度とされる値の10~100分の1の値であり、胸部や胃のX線検査で浴びる放射線被ばく量よりも少ない量)なので、人体にはほとんど影響がありません。安全管理もきちんと行っていますのでご安心ください。

高性能の歯科用CTシステム

歯科用CTシステム歯科用CTは頭頚部(とうけいぶ)に限定したX線撮影装置で、撮影したデータをコンピューターでデータ処理・解析するシステムです。解析結果はモニターに3Dで再現され、口腔内の奥行や顎の形状、歯と骨の位置関係、大きさなど、細部にわたり正確に把握できます。

また、鮮明なデジタル画像により、従来のレントゲンでは判断できない根の先の状態や血管や神経が通る管の位置、埋伏歯なども確認できます。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方