最新の設備・材料

院長あいさつ

当院は最新の設備を導入し、より精度の高い治療を提供しています。CTシステムによる正確な診断・分析や、拡大鏡を使用した精密な治療、院内技工室とセレックシステムによるスピーディで質の高い技工物など、最新の設備・材料を駆使した包括的な治療を提供しています。

診断の精度を高める設備・装置

骨格や歯の状態を細部まで把握できる「CTシステム」や、顎口腔機能を診断する「顎口腔機能診断装置」などを使用した検査で、正確な診断・分析を行っています。

歯科用CT歯科用CT
頭頚部(とうけいぶ)に限定したX線撮影装置です。撮影したデータをコンピューターで処理・解析します。解析結果は立体的に写し出され、口腔内の奥行、顎の形状、歯と骨の位置関係や、レントゲンでは判断できない根の先の状態や埋伏歯まで確認できます。

矯正治療やインプラント、口腔外科の分野では、正確な診断・分析をするためにCT検査は不可欠と言えます。

CTによる診断の詳細はこちら

デジタルレントゲンデジタルレントゲン
歯科治療では、歯の内部や骨の状態を知るためにレントゲン撮影は欠かせません。当院では、撮影で受ける放射線の影響を最小限にするためにデジタルレントゲンを導入しています。歯科用のデジタルレントゲンの撮影で受ける放射線量は、従来の歯科用のレントゲン撮影で受ける放射線量の4分の1から10分の1と常に少ないので、お子さまでも安心して治療をお受けいただくことができます。

顎口腔機能診断装置顎口腔機能診断装置
咬合診断・顎口腔機能を診断する装置です。顎の位置や顎関節、筋肉の働きを診査・診断し、歯・顎・筋肉バランスを考えた理想的な治療を可能としています。顎口腔機能装置から取り出したデータを咬合器に取り込むと、より正確な顎口腔機能診断ができます。当院では、スプリントの製作、多数歯欠損の治療、顎の動きや筋肉の緊張度の診断などにも顎口腔機能診断システムを活用しています。当院では顎口腔機能装置としてK7エバリュエーションシステムとWinJawシステムを使用しています。

マイオモニターマイオモニター
マイオモニターとは低周波治療器で、筋肉の緊張をほぐすために使用します。側頭筋(こめかみ)や咬筋(頬の筋肉)に低周波を当てて筋肉をほぐすと、こめかみや頬の筋肉がほぐれて緊張が和らぎます。

治療の精度を高める機器

一般歯科のみならず矯正治療でも拡大鏡を使用し、レーザー治療や機能水などを取り入れた、精密で確実な治療を行っています。

Er:YAGレーザー(エルビウムヤグレーザー)エルビウムヤグレーザー
Er:YAGレーザーは、国内で唯一、歯を削ることが認可されたレーザー装置です。レーザーを照射するとむし歯だけに反応して、痛みや苦痛を与えずに一瞬にして悪い部分を取り除くことができます。非常に安全性が高く、むし歯治療から歯周病治療など幅広い治療に利用しています。このほかに、当院ではNd-YAGレーザー(ネオジウムヤグレーザー)も導入しています。

光殺菌治療(LAD)FotoSan Blue
当院ではFotoSan Blueという装置を採用しています。光殺菌治療とは細菌に感染した部分に、光感受性物質(リボフラビン)を注入して、FotoSan Blueで特殊な光を照射することで、患部を殺菌する治療法です。むし歯・歯周病・根管治療などの治療に効果があります。リボフラビンは水溶性のビタミンで、食品にも使われている安全な物質で光を照射することで活性酸素が発生し、殺菌効果を発揮します。

MTAセメントMTAセメント
MTAセメントは、歯の神経を保存できる、最新の治療法です。殺菌効果が高く、神経を残したままむし歯を殺菌し、歯を再生することができます。当院では積極的にMTAセメントを使うことで、できるだけ歯と神経を残す治療に、取り組んでいます。

拡大鏡(サージテル)拡大鏡
巨大なメガネに似た双眼ルーペで、歯を拡大して見るときに使用します。歯科治療は細かい作業が多く、肉眼だけでは見落としてしまうことがあります。当院では一般歯科はもちろんのこと、矯正装置の装着状態や技工物の削り面のチェックなどでも活躍しています。

院長は倍率が2.5倍、5倍、10倍の3種類の拡大鏡を使用し、スタッフも3倍の拡大鏡を使用しています。

電解酸性機能水(機能水)電解酸性機能水
電解酸性機能水(機能水)は、精製水に少量の食塩水を加えて電気分解したお水です。優れた殺菌力があり、薬品を一切含んでいないので人体への影響はまったくありません。機能水で殺菌すると、お口の中が細菌の繁殖しにくい環境となります。

白くて美しい人工歯を提供するシステム

院内技工室とセレックシステムを導入し、良質かつ費用を抑えた白い歯をスピーディにご提供いたします。

院内技工室院内技工室
院内技工室を設置し、院内で技工物を製作しています。院長は大学勤務時代に指導医や技工士から指導を受け、技工技術を習得しました。たいていの技工物は外部の技工所に依頼しますが、保険適用の技工物(詰め物や被せ物など)、矯正治療で使う装置は院内で技工することがあります。

顎関節症を改善するスプリント(マウスピース)、歯ぎしりや食いしばり防止用のナイトガード(マウスピース)、いびき防止用の装置や睡眠時無呼吸症候群の方に適応されるマウスピースは顎位(顎の位置)の調節が難しいので、咬み合わせの状態を把握している院長が責任を持って製作します。細部にこだわったていねいな製作で、精度の高い技工物に仕上げます。

セレック(CAD/CAMシステム)セレック
セラミック製の人工歯を製作するCAD/CAMシステムで、設計から削り出しまでを行います。口腔内カメラで歯列を撮影し、コンピューターで設計したデータをミリシリングマシン(削り出し機械)に転送してセラミックブロックを削り出します。

規格化されたセラミックブロックを使用するので、技工士が加工する方法に比べると低価格で透明感のある白い歯に仕上げることができます。さらに、短時間で仕上がるので、治療期間の短縮にもつながります。

詳しくはこちらをご覧ください

クリスタルアイクリスタルアイ
歯の色を正確に測定する装置で、専用カメラで口腔内を撮影して微妙な色合いを判定します。人工歯の色を決めるとき、通常はシェードガイドを見ながら人間の目で行うので色判定に誤差が生じることがあります。クリスタルアイで測定すると、目では判断できない微妙な色調を認識できるので、より自然に近い色合いの人工歯に仕上げることができます。

バイタライト(自然光)バイタライト
診察室の照明は、波長が自然の光に近い蛍光灯を使用しています。太陽の光に限りなく近く、本来の色彩を再現できます。詰め物や被せ物の白い色を調整するときや歯ぐきの色を見るときに、より正確な色合いを確認することができます。

治療中の不安を和らげる設備

痛みや緊張を緩和する笑気麻酔や、手術中の脈拍数を監視するパルスオキシメーターの導入により、ストレスの少ない治療を実現します。

笑気吸入鎮静装置(笑気麻酔)笑気吸入鎮静装置
笑気吸入鎮静法は麻酔法の1つで、笑気ガスを吸うと全身がリラックスしてきて、治療中の痛みや緊張が和らぎます。全身麻酔と違い、眠ってしまうことはありませんが、意識はぼんやりした状態となります。

身体への負担はほとんどありませんので、痛みに強い不安をお持ちの方でも安心して治療を受けていただけます。笑気吸入麻酔後は少しお休みいただければ麻酔が覚めますので、治療前とほとんど変わらない状態でお帰りになれます。

【環境について】施設基準を満たす設備・機器

2016年4月の保険改訂で、下記、6項目の設備・器具等の設置が、施設基準となりました。当院では、安全な歯科医療を提供するために、数年前から6項目すべての設備・器具等を常設しています。

<施設基準となった6項目の設備・器具>
・自動体外式除細動器(AED)
・経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
・酸素供給装置
・血圧計
・救急蘇生セット
・歯科用吸引器

パルスオキシメーター(経皮的酸素飽和度測定器)パルスオキシメーター
治療中の脈拍数の変動と血中酸素の状態を監視する装置です。口腔外科手術など、治療中に緊張が高まると脈拍や血圧が上昇することがあります。パルスオキシメーターで体調をモニタリングすることで、急激な変化が起きても迅速に対応できます。また全身の状態を管理するために、血圧計や脈拍測定器、酸素吸入器やAED(自動体外式除細動器)など、万全の体制を整えています。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方