«  2019年3月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年3月20日

「毎日歯磨きしているのになんで虫歯や歯肉から血が出るんでしょうか?」

そのような質問をよく受けます。
テレビのCMで歯を丸いボールに見立ててブラッシングしているのを見たことがあるでしょうか?
歯磨きをしていてもブラシがあたらなければ肝心の歯垢は除去できません。

「敵を知るにはまず己から」まずは自分の歯と歯茎がどんな形をしているかを知っている必要があるのです。歯磨きは実はとても難しいのです。

歯茎から出てすぐの歯の部分は先のボールに例えられるように真ん中あたりが大きく歯茎のあたりではくびれています。
歯ブラシを普通に当てるだけではこのくびれがほとんど綺麗になりません。

この歯垢という汚れは決して食べかすではありません。ばい菌の塊です。

お口の中の細菌数は大腸に匹敵するのをご存知でしょうか?
磨けていないところはおそらく磨きにくい部分で常に磨き残すと考えられます。

そうすれば毎日歯磨きしてはいるものの...その部分は磨いていないのと同じと言えます。また歯磨き粉を多くの方が使用していると思いますが、これに含まれる香料で、お口の中がさっぱりしてしまい、磨けた気になってしまうのも事実です。

少し慣れるまでは歯磨き粉を使わずにブラッシングの練習をすることをお勧めします。

http://www.jin-dental.com/1505general/

2019年3月13日

前回は歯周病が歯周病菌によって引き起こされる感染性の疾患であること、それがとても恐ろしい疾患の要因になり得ることを書きました。

そんな怖い歯周病ですが、どんな症状なのでしょうか?実は歯周病にはかなり重症にならないと自覚症状が全く出ない場合も多くあります。

歯茎が腫れていたり、歯周ポケットから膿が出ていたりしても全く痛くも痒くもない方も決して珍しくないのです。
ですが、自覚症状がないだけで、体の反応としては歯茎が赤く腫れていたり、プラークが多く堆積していて歯ブラシ時に出血してきたり、疲れると歯が浮いたような感覚になったりと出方は様々ですが何かしらのサインはあるのです。

1日や2日でいきなり歯周病になってしまうことはありません。ですので自覚症状が出て歯科医院に行った時にはすでに「抜歯」しか方法がないなんてこともよくありますし歯が抜けてしまってからでは本当に手遅れ、なんてこともあるかもしれません。

ここでどうして歯周病になると歯がグラグラになるのでしょうか?歯周病菌が骨を溶かすと思われるかもしれませんが、実は違います。自分自身の細胞か骨を溶かしていくのです。

歯周病菌との戦いで様々な炎症物質が産生されそれが骨を溶かす破骨細胞を活性化します。溶かされた部分は不良肉芽や膿で埋め尽くされるので痛くないのです。

http://www.jin-dental.com/1505general/

2019年3月 6日

歯を支えている組織に歯周組織と呼ばれるものがあります。それはセメント質・歯根膜・歯槽骨です。歯周病は歯周組織の病気で、歯周病は年代によっては日本人の8割がかかっていわれるほど、極めて患者数の多い疾患です。

この歯周病も虫歯と同じようにお口の中の細菌によって引き起こされます。なかでもレッドコンプレックスと呼ばれる歯周病菌があります。
P.gingivalis, T.forsythia, T.denticolaの3つの菌種です。
また、この中には含まれませんが侵襲性歯周炎の患者さんに高率に検出されるのがA.a菌といわれ、白血球を殺してしまう酵素を産生します。
アメリカの研究チームの報告では10代後半にこれらの歯周病菌に感染するのではないかと示唆するものが出ていますが、結論は謎のままです。

歯周病はいわゆる歯槽膿漏です。自分の歯がグラグラになるだけでなく、歯の周りにこびりついた歯周病菌には体の免疫機能があまり及びません。炎症が起きた組織はお互いの結合が緩くなりますから、歯ぐきから出血しやすくなります。
その傷口から口腔内細菌が体内に侵入したり、炎症物質が全身を巡ったりしますので、様々な疾患の要因を作り出すことにもなります。

http://www.jin-dental.com/1505general/

2019年2月27日

虫歯は予防できます!といいましても、これにはお母さん、お父さんの協力なくしては実現不可能に近いと思われます。
逆に言えば、予防ができればお子さんは虫歯にならなくてすみますので、歯科医院で怖い思いや痛い思いをしなくてすむかもしれません。

「どうして虫歯になるの?」で取り上げましたが、虫歯になるには大前提として虫歯菌の存在があります。この虫歯菌の感染で多いのがお母さんお父さんからの伝播です。

また、お子さんにも感染しやすい時期というものがあります。
離乳し自分で色々なものが食べたくなる1歳半〜2歳半ころです。

ぐずった時におやつやお菓子をあげて静かにさせようと思ったことは親であれば経験したことがあるかもしれません。

予防歯科医としての立場からはお子さんが普段飲むものは水かお茶がおすすめです。おやつやお菓子も兄弟がいると難しいですが、時間を決めてあげるようにしましょう。

そして毎日仕上げ磨きをするのを忘れてはいけません。
ただし、大人が使うような大きなブラシではなく、ヘッドの小さなものを使用してください。そしてまずはお母さんお父さん自身が自分の歯や口の中について興味を持って欲しいと思います。

人は興味のないことは見えていても脳が認識しないのです。自分の口のどこにプラークが残っているか、どうしたら磨けるか、ご自身のブラッシングスキルのレベルアップを図っていきましょう。

http://www.jin-dental.com/1505general/

2019年2月20日

前回の回では虫歯になる原因のうち、虫歯菌であるミュータンス菌などについてお話ししました。今回はその続きです。

環境因子と宿主因子そして時間が残っていますね。

環境因子は虫歯菌の栄養源となる砂糖を摂取する習慣がどれくらいあるか、歯磨きをする習慣がどの程度浸透しているかが重要なポイントになってきます。

虫歯菌が仮にお口の中にいたとしても栄養源である砂糖が全然入ってこなければベタベタの膜(バイオフィルムやプラークと呼ばれる歯垢のもとです)を作れません。

また砂糖が摂取されても、虫歯菌が作るベタベタの膜が綺麗に取り除かれてしまうと虫歯になる環境が整わないのです。
宿主側の因子では、歯の質や抵抗力である唾液やその成分あるいは、口呼吸の有無などです。
加齢やお薬の成分によっては唾液の分泌を抑制され、お口がカラカラに乾いてしまうことがあります。唾液は単にお口を湿らせるだけではなく、様々な酵素や物質で虫歯菌やカビなどの繁殖を抑えてくれています。

これが乾いてしまうことで抵抗力が弱まり、虫歯だけでなく歯周病や口臭の原因となってしまいます。

最後の時間ですが、虫歯菌を含む歯垢がどのくらいの期間そこに停滞しているかです。長ければ長いほど歯を溶かす酸が作られ、歯がダメージを受けます。

虫歯の原因を少しでもご理解いただけたでしょうか?
虫歯の原因を1つでも取り除けば虫歯になりにくくなるともいえます。

http://www.jin-dental.com/1505general/

2019年2月13日

「昔から甘いものを食べると虫歯になるよ!」とか「歯を磨かないと虫歯になってしまうよ!」と言われた経験はありませんか?歯は毎日磨いているつもりなのに、どうして虫歯になるのでしょうか?

虫歯になってしまうのは次のキーワードが存在します。
①環境的な要因
②ご自身の要因
③時間

まず①の環境的な要因の主な要因は虫歯菌です。
今回は虫歯菌について焦点を当ててお話しします。
虫歯菌で有名なのがミュータンス菌です。
実はもう1ついます。ソブライナス菌と呼ばれる菌です。
この2つが虫歯の原因となる主な菌です。

これら2つの菌を持たない人は虫歯になりません。ではこれら2つの菌はどこからやってくるのでしょうか?一般的に生まれたばかりの赤ちゃんにはもちろん細菌はいません。

普段の生活の中でお母さんやお父さんから移ることが非常に多く、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟を合わせると親子等のペアで9割近くが虫歯の原因となる細菌の遺伝子が一致すると報告されています。

口移しで食事をあげたり、箸やスプーンなど食器を共有したりすることで親から子に虫歯の原因となる菌が伝播していると考えられています。

http://www.jin-dental.com/1505general/

2019年2月 6日

成人矯正で多く相談を受けるのが、乱杭歯(らんぐいば)といわれる成長過程が終了し永久歯も生えそろった結果、顎の大きさと歯との大きさがマッチしないためにガタガタの歯並びになってしまった、というものです。

この状態は専門的には叢生(そうせい)と呼ばれます。
八重歯や前歯の捻転などがその代表といえます。咬み合わせとしての問題も多く抱えるこの叢生は審美的にも咬み合わせ的にも改善を要します。

出っ歯の状態(上顎前突といいます)や下顎が出ている(下顎前突といいます)の状態もしばしばあります。これはその状態によりますが、外科的矯正治療と呼ばれる手術を要する治療法が選択されることがあります。

外科的矯正はあまり一般的ではないので、ここでは省きます。
また、成人の場合は永久歯を抜歯するか否かも考える必要があります。

通常前から4番目の第一小臼歯を抜歯することが多いですが、5番目であったり、時に6番目の第一大臼歯を抜歯したりすることもあります。

叢生の程度にもよりますが、リンガルアーチ(舌側に太い針金と細い針金を組み合わせた装置)で矯正したり、マルチブラケットと呼ばれる各歯に小さなボタンの様な装置を取り付けて矯正したり、その期間や費用もまちまちです。

マルチブラケットを用いた矯正には唇側と舌側があり、仕様や費用も異なります。

http://www.jin-dental.com/1505general/

2019年1月30日

昔から日本人は欧米人に比べその食生活から顔面が小さく、特に下顎が小さい割には歯が大きいことが知られています。

最近では親知らずは退化傾向にあるとも言われますが、依然多くの方が親知らずの周りの炎症で顔が腫れたり、痛みを訴えたりして来院されます。

横を向いてしまっている親知らずや斜めになってしまっている親知らずなど様々です。お口の中で一番後ろに位置しているため、清掃性が非常に悪く、一般的な歯磨きだけではどうしても汚れが落としきれない状態が多く見られます。

このため先のような痛い目を見てしまう原因となってしまいがちです。
このように機能的でなくかつ為害性(体にとって害をなすもの)をもつようになってしまうと、そこはすでに感染源でしかなくなってしまうため、抜歯が望ましいといえます。

矯正を始める上でもしばしば邪魔になることがあります。
しかし、すぐ抜けるかと言われれば答えはNoです。まず炎症がある状態では麻酔が効かないため抜歯できません。

またその親知らずがどういう位置にあるのかで抜歯に伴うリスクが変わってきます。
このため、親知らずの抜歯を検討するときは必ず、担当医とよく相談して十分説明を聞いて納得してから行うようにしてください。

http://www.jin-dental.com/1505general/

2019年1月23日

マルチブラケト治療はブラケットと呼ばれる各歯にボタンのような装置を取り付けてそれぞれの歯を動かしていく矯正の方法があります。
今回はその取り付けるブラケットが唇側にあるものを解説していきます。

このマルチブラケトによる矯正治療はそれぞれの歯を前後に動かしたり、横や歯の軸を回転させたりすることができます。

ここで重要となるのが歯の大きさとその受け皿である顎の骨の大きさです。
スペースがないので歯並びがガタガタになっていますからどうにか歯を並べるスペースが必要ですし、上下や左右でお互いの歯が干渉している場合にはその干渉を除去してからでないと歯は動いてくれません。


以前はブラケットもワイヤーも全部銀色で審美性に問題がありましたが、最近ではより目立たないようにボタンが強化プラスチック製やセラミック製であったり、ワイヤーも目立たないものであったり審美性に配慮された製品もよく見かけます。

治療にはワイヤーのみを使うこともありますが、弾性ゴムや小さなスプリングコイルを用いたり、時にはミニスクリューと呼ばれる小さな矯正用インプラントを固定源として用いたりします。

これらはアンカーの役割をするため、上顎の真ん中あたりや奥歯の頬側の歯茎に用いて、歯を固定させたり、引っ張ったりするために使われます。


http://www.jin-dental.com/1505general/

2019年1月16日

前回は小児における矯正治療の概要を説明いたしました。今回は少し具体的にどのような症状に対して、どんな矯正器具が用いられるのか説明したいと思います。

① リンガルアーチ
 混合歯列期によく用いられる舌側から矯正する基本的な装置です。これはかなり汎用性があり、スペースの確保や内側に入ってしまっている永久歯を外側に向けたり、舌が前に出る癖を矯正させたり、クワドヘリックスと呼ばれる歯列を横にゆっくり拡げる装置としての応用が利きます。軽度の前歯の反対咬合にも対応することができます。

② アクチバトール
 いわゆる出っ歯の症例に対して用いられます。ひとくくりに出っ歯といっても、下の顎が後退していている、機能的反対咬合などがありますから、診査と診断を受けてください。また、上の前歯が下の前歯を覆い隠すような過蓋咬合や交叉咬合といって臼歯部の被蓋が片方だけ反対などの症例に用いられます。

③ チンキャップ
 下の顎が骨格的に上の顎より大きく、下の顎の成長を抑制するために用いられます。

④ 側方拡大装置
 上顎の歯列が下顎に比べ小さい場合に用いられます。口蓋裂などの手術後などは上顎の劣成長が起こるため急速拡大装置に一気に広げる治療が行われます。

この他にも数多くの矯正装置がありますので、担当医と相談し、どの装置が良いのかしっかり話し合ってください。


http://www.jin-dental.com/1505general/

院長 神 智昭

矯正歯科じん歯科クリニック
院長 神 智昭

医院サイト:
http://www.jin-dental.com/

当院がある青森県弘前市周辺は歯科医院が少なく、総合的な治療を要望する患者さんが多い地域です。そんな地域の皆さんのために少しでもお役に立ちたいと思い、包括的な治療に取り組むようになりました。
地域の皆さんに愛される歯のホームドクターとして、矯正治療からインプラントまで責任を持って対応いたしますので、歯に関することでお困りでしたらお気軽にご相談ください。