«  2019年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年11月 6日

お口が常に開いたままの状態になっていることはありませんか?口が常に開いてしまう方は「口呼吸」になっている可能性があります。通常、私たちは鼻呼吸がメインで呼吸をしているのが一般的ですが、口呼吸になってしまうと鼻呼吸に比べ以下の弊害を起こしやすくなります。

【口呼吸による弊害】

・虫歯や歯周病になりやすい
口が常に開いている状態ですが、口腔内が乾燥し唾液による洗浄作用が低下し虫歯や歯周病になりやすくなります。

・口臭が強くなる
口呼吸では殺菌作用のある唾液が乾燥してしまい、口臭の原因である細菌が繁殖してしまうため口臭につながっていきます。

・睡眠時無呼吸症候群になりやすい
口呼吸の方は舌が後方にあることで呼吸がしやすくなっていますが、睡眠時には脱力して舌が気道をふさいでしまい、睡眠時無呼吸症候群になりやすいです。

カゼやアレルギーを引き起こしやすい
口呼吸の場合は、乾燥した空気と一緒に細菌やウイルスがそのままのどや気管に届くため、のどや肺を痛めやすくなります。カゼやアレルギーにかかりやすいという方は口呼吸が原因かもしれません。

【口呼吸の原因】

・歯並びや口周りの筋力が低下により口が閉じにくい
・姿勢に問題がある
・アレルギーなど慢性的な鼻づまりのため鼻呼吸ができない
・無意識にお口で呼吸することが習慣化した

口呼吸以上の原因がほとんどです。次回からは口呼吸の原因や、改善方法をご紹介していきます。

http://www.jin-dental.com/

2019年10月30日

見えない歯科矯正として、若い方を中心に人気の高い「裏側矯正(舌側矯正)」ですが、外から見えないというメリットの裏でいくつが注意しておくべきポイントがあります。

裏側矯正中は器具が歯の裏側に装着されるため、自分でも器具がついている部分を見る事はほとんど出来ません。

そのため、歯磨きの際には上手く磨けていない部分が確認できないので、磨き残しをしやすく虫歯や歯周病のリスクが高まります。

裏側矯正中は、特に歯磨きの時間を多めにとるようにして丁寧に磨くように心がけましょう。歯科医院で、裏側矯正中の正しい歯の磨き方についてもアドバイスしてもらえます。

また、歯の裏側に矯正の装置がつくため表側矯正よりも発音しにくくなる、話しにくくなるといったデメリットもあります。

通常なら1カ月~2カ月もすれば装置に慣れ、普通に話すことが出来るようになりますが、人前で話す仕事や話す予定のある大事なイベントある時はタイミングをみて矯正の治療を始めましょう。

裏側矯正はいくつかの注意点をふまえて生活すれば、特に大きな問題は起こりません。審美性も高く、見た目が気になるというストレスなく矯正治療が出来ます。


http://www.jin-dental.com/

2019年10月23日

見えない矯正として人気の高い「裏側矯正」ですが、他の矯正方法と同じようにメリットデメリットが存在します。裏側矯正を検討中の方はどちらの面も踏まえた上で治療を進めていきましょう。

【裏側矯正のメリット】

・矯正器具が目立たない
裏側矯正の1番のメリットは歯の裏側に装着するので矯正していることが気づかれにくいという点にあります。そのため、接客業やサービス業の人などにもおすすめの矯正法です。

・矯正具の汚れのストレスがない
表側矯正では食事中に食べかすが矯正具に詰まってしまい、見た目が気になってしまうことが大きなストレスでした。しかし、裏側矯正では矯正具が表に見え無いため安心して食事を楽しむことができます。

【裏側矯正のデメリット】

・歯磨きしづらい
裏側矯正は自分では見えない部分に矯正器具があるため、どうしても歯磨きがしづらくなります。虫歯や口臭の原因となりますので、歯科医院でしっかりとブラッシング指導をしてもらいましょう。

・慣れるまで話しにくい
裏側矯正では舌が当たりやすい位置にあるので慣れるまで違和感を感じやすく、話しにくいと感じることがあるかもしれません。通常は1カ月もすれば慣れてきます。

・表側矯正に比べ費用が高い
裏側矯正は従来の表側矯正に比べ、1.5倍~2倍の治療費が掛かります。裏側矯正は形状も複雑で製作には高度な技術が必要となり、矯正具も完全なオーダーメイド製作となるため費用が高額になってしまうのです。

裏側矯正にはデメリットもありますが、なんと言っても矯正中と気づかれないという見た目の大きなメリットが勝るでしょう。仕事や見た目の問題から矯正治療に踏み切れなかった方の大きな味方になってくれます。


http://www.jin-dental.com/

2019年10月16日

歯科矯正でもメジャーな矯正方法として人気が高い「裏側矯正」は、歯の裏側に矯正装置を装着し歯を動かしていく矯正方法です。「舌側(ぜっそく)矯正」と呼ばれることもあります。

矯正器具が見えないことから、矯正のデメリットである「見た目」の問題が解消され、大変人気のある矯正方法として今日主流のものになってきました。裏側矯正は歯の裏側に取り付けていくために、高度な技術が必要になるため取り扱っている医院に限りがあります。

当院では、裏側矯正だけでも3種類の方法を用意しており、その人に合った矯正方法を提供しています。

【裏側矯正の種類】

・Incognito(インコグニト)
ドイツで開発されたCAD/CAMで設計・製作する完全オーダーメイドの矯正システム。歯型を元に設計するため薄く仕上がり、装着時の痛みや違和感が軽減され話しやすいのが特徴。

・STbSTb
日本で開発された小型の舌側矯正装置。従来の舌側矯正装置に比べてコンパクトな設計で、約10分の1の弱い力で歯を動かすことができる。矯正治療中の痛みが少なく、治療期間が短いのが特徴。

・クリッピー L
特殊な構造をした矯正装置を使い、装置とワイヤーの間に起きる摩擦抵抗を抑えるシステムです。弱い力で持続的に歯を動かすことができ、治療期間が短くなり、痛みが少ないのが特徴です。


現在は、矯正中でも負担の少ない裏側矯正の方法が増えてきているため、その技術も進化しています。裏側矯正を考えている方はまず相談だけでも受けてみるといいでしょう。


http://www.jin-dental.com/

2019年10月 9日

虫歯やさまざまな理由で自分の歯を削らなくてはいけなくなってしまったけど、自分の元の歯と変わらない自然な歯に治療してほしい...。と悩んでいらっしゃる方のために当院では豊富な審美歯科のメニューをご用意しております。

・セレック
CAD/CAMシステムで製作したセラミック製の人工歯です。セラミック特有のツヤと光沢があります。規格化されたセラミックブロックは高品質で割れにくく、耐久性に優れています。金属を一切使用しませんので、金属アレルギーのある方でも安心してお使いいただけます。

・オールセラミック
セラミック(陶器)を焼きしめた人工歯で、自然な輝きとツヤがあり審美性・耐久性に優れた素材です。微妙な色調を再現しやすく、前歯などの治療で使われます。メタルフリー(金属を使用しない)なので、金属アレルギーの心配がありません。

・メタルボンド
メタルボンドは、セラミックと金属の二重構造になった人工歯です。内側に金属を使用しているので強度が高く、セラミックを外側に使用することで自然な白さが再現できます。

・ファイバーコア
ファイバーコアはグラスファイバーを芯にして、その上からプラスチック素材を被せた歯の土台です。むし歯治療で歯を大きく削ったとき、歯を支える土台を入れてから被せ物を装着します。歯の色に近いので、被せ物を装着したときに自然で美しく仕上がります。


金属アレルギーがある方も安心して治療できるメタルフリー治療も可能ですのでお気軽にご相談下さい。

http://www.jin-dental.com/

2019年10月 2日

「メタルフリー治療」とういう言葉を聞いたことがあるでしょうか?メタルフリーとは虫歯治療などの際に被せものや詰めものに金属を一切使わず治療を行う方法です。金属は、歯肉の黒ずみや金属アレルギーなどのトラブルを起こしやすく、現在多くの歯科医院でメタルフリーの治療をすすめています。

・金属アレルギー
保険治療で使われる材料には「金銀パラジウム合金」という金属が一般的に使われています。お口の中に入ったこれらの金属は、劣化してサビはじめ金属イオンが発生します。この金属イオンが体内に入り込み、アレルギー反応を起こすのが「金属アレルギー」です。

・変色
また、金属は歯ぐきの変色を起こす原因にもなります。これは、先ほど説明した金属イオンが溶け出して歯肉に入り込んでしまうために起こることです。しかし、メタルフリーの治療を行うことにより元の歯ぐきの色に戻っていきます。

一般的なメタルフリー治療としては、「陶器」という素材を使ったセラミック治療やグラスファイバー繊維を使った「ファイバーコア」にすることでメタルフリーにすることができます。自分の歯と変わらない高い審美性と金属を一切使わないメタルフリー治療のため、金属アレルギーを起こす心配がありません。

他にもメタルフリー治療のメニューが多くありますので、現在金属が入っていて不安に思っている方は歯科医院で相談してみましょう。

http://www.jin-dental.com/

2019年9月25日

グに使う薬液は歯を内側から漂白していく強い成分です。

ホームホワイトニングにより自分で施術を行う場合は、効果をより得たいからと決められた時間や期間を勝手に延長してしまう方がいらっしゃいます。

そうすると薬液が余計に歯に浸透してしまい神経を刺激し「知覚過敏」になってしまう恐れがあります。

強い痛みやシミを感じるようになり、最悪の場合は神経を取らなくてはいけないほどまでに悪化してしまいますので、必ず決められた時間と期間を守りましょう。

また、ホワイトニングをしている期間は歯がしみるなどの症状が出ることがあります。

基本的には最初の数回だけでその後は慣れてしまうことがほとんどですが、しみが続く、強い痛みを感じる...という方は無理せずに一旦ホワイトニングを中止し、様子を見るようにしましょう。

中断しても症状が続くようであれば歯科医院で相談してください。

オフィスホワイトニングではプロが施術を行いますので、問題はありませんがホームホワイトニングは特に使用方法をよく理解しトラブルなく行うことが重要です。

使い方や不安に思っていることなどいつでも相談に乗っていますのでお気軽にご相談して下さい。
http://www.jin-dental.com/

2019年9月18日

審美目的で一般的に行われるようになってきたホワイトニング。ホワイトニングの仕組みとしてはホワイトニングの薬液に含まれる「過酸化水素」や「過酸化尿素」の酵素を利用して、歯の奥まで染まっている色素を分解し漂白していきます。

ホワイトニングは表面だけをキレイにするクリーニングとは違い、歯の内側から白くしていくため輝くような美しさが実現できます。

ホワイトニングには大きく分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。

オフィスホワイトニングは、歯科医院にて専用の薬液と器具を使い、歯科衛生士や歯科医師に施術してもらう方法です。

オフィスホワイトニングの魅力は短い時間と期間で済み、効果がすぐに実感できるところです。プロの方にしてもらうため安全性も高く安心して施術を受けられます。

ホームホワイトニングは、専用の薬液とマウスピースを使い自身で施術を行う方法です。自分専用のマウスピースを歯科医院で作成してもらい、その後はホームホワイトニングキットを使い自宅で施術を行います。マウスピースにホワイトニングの薬液を入れ、1回に2時間程装着していきます。

時間はかかりますが、通院する必要がなく、自分のペースで行えるところが魅力です。

当院ではオフィス・ホームホワイトニングどちらにも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

http://www.jin-dental.com/

2019年9月11日

虫歯や歯周病などのお口のトラブルを予防する「予防歯科」も歯科医院の大きな役目になっています。クリーニングやブラッシング指導がメインな医院が多い中、当院ではさらにワンランク上の予防歯科メニューをご用意しております。

通常、虫歯や歯周病になる原因はお口の中に潜んでいる菌により起こります。

歯のクリーニングや日々のブラッシングだけではむし歯や歯周病の原因菌を除菌できないのが現実です。そこで、原因菌を除菌してむし歯や歯周病を予防する処置が3DSです。

3DSは「Dental Drug Delivery System」の略で、直接歯に専用の薬を浸透させて、むし歯や歯周病を予防する方法です。

抗菌剤を入れたマウスピースを装着して、時間を置くことでむし歯や歯周病に直接働きかけて殺菌します。

カリエスリスク(虫歯になりやすいリスク)や歯周病リスクの高い人には効果的な処置として注目されています。

<3DSの流れ>
Step1. 唾液検査
唾液を採取し、唾液の中にいる細菌数を確認します。

Step2. 歯のクリーニング
お口の汚れをキレイに除去します。

Step3. 殺菌
殺菌剤を入れたマウスピースを装着し、原因菌を除菌します。

Step4. 再検査
唾液検査を行い、細菌数の減少を確認します


また、唾液を採取し、口腔内の細菌の数や唾液の量などを測定、数値化する唾液検査も行っておりむし歯・歯周病リスクを診断します。自分のお口の状態を把握することで効果的な予防や治療が出来るのです。

http://www.jin-dental.com/

2019年9月 4日

矯正治療の中でも、特に人気の高いマウスピース矯正ですが当院は矯正治療に特化した医院ということもあり豊富なメニューを用意しています。それぞれに特徴があり、細かいカウンセリングや費用を相談のもとその人に合ったマウスピース矯正を提供しています。

・Invisalign(インビザライン)
マウスピース矯正でも特に有名で人気の高い矯正方法がインビザラインです。アメリカで開発されたマウスピース型の目立ちにくい矯正装置になり、ワイヤーを一切使わない、透明なプラスチック製のマウスピースで、誰にも気づかれずに矯正ができます。

取り外して食事や歯磨きができるので、治療中のむし歯を防ぐことができます。ワイヤー矯正や舌側矯正に比べて痛みや違和感が少なく、矯正治療中も快適に過ごせます。

・アソアライナー
日本で生産されるマウスピース型の目立たない矯正装置です。アソアライナーは、歯型に合わせたマウスピースを定期的に交換しながら歯を動かしていく矯正方法になり、一定期間アソアライナーで歯を動かしたあと、歯型を採って新しいマウスピースを製作します。

効果的に歯を動かすことができるので治療の精度が高まり、ほかのマウスピース矯正に比べて費用を抑えることもできます。

※なお、マウスピースを使った矯正治療は症例によって適応できない場合もあります。当院では、正確な診査・診断を行った上でご提案いたします。

当院では他にも豊富なマウスピ―ス矯正のメニューを取り扱っておりますのでお気軽にご相談下さい。
http://www.jin-dental.com/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 神 智昭

矯正歯科じん歯科クリニック
院長 神 智昭

医院サイト:
http://www.jin-dental.com/

当院がある青森県弘前市周辺は歯科医院が少なく、総合的な治療を要望する患者さんが多い地域です。そんな地域の皆さんのために少しでもお役に立ちたいと思い、包括的な治療に取り組むようになりました。
地域の皆さんに愛される歯のホームドクターとして、矯正治療からインプラントまで責任を持って対応いたしますので、歯に関することでお困りでしたらお気軽にご相談ください。