«  2019年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年9月18日

審美目的で一般的に行われるようになってきたホワイトニング。ホワイトニングの仕組みとしてはホワイトニングの薬液に含まれる「過酸化水素」や「過酸化尿素」の酵素を利用して、歯の奥まで染まっている色素を分解し漂白していきます。

ホワイトニングは表面だけをキレイにするクリーニングとは違い、歯の内側から白くしていくため輝くような美しさが実現できます。

ホワイトニングには大きく分けて「オフィスホワイトニング」と「ホームホワイトニング」の2種類があります。

オフィスホワイトニングは、歯科医院にて専用の薬液と器具を使い、歯科衛生士や歯科医師に施術してもらう方法です。

オフィスホワイトニングの魅力は短い時間と期間で済み、効果がすぐに実感できるところです。プロの方にしてもらうため安全性も高く安心して施術を受けられます。

ホームホワイトニングは、専用の薬液とマウスピースを使い自身で施術を行う方法です。自分専用のマウスピースを歯科医院で作成してもらい、その後はホームホワイトニングキットを使い自宅で施術を行います。マウスピースにホワイトニングの薬液を入れ、1回に2時間程装着していきます。

時間はかかりますが、通院する必要がなく、自分のペースで行えるところが魅力です。

当院ではオフィス・ホームホワイトニングどちらにも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

http://www.jin-dental.com/

2019年9月11日

虫歯や歯周病などのお口のトラブルを予防する「予防歯科」も歯科医院の大きな役目になっています。クリーニングやブラッシング指導がメインな医院が多い中、当院ではさらにワンランク上の予防歯科メニューをご用意しております。

通常、虫歯や歯周病になる原因はお口の中に潜んでいる菌により起こります。

歯のクリーニングや日々のブラッシングだけではむし歯や歯周病の原因菌を除菌できないのが現実です。そこで、原因菌を除菌してむし歯や歯周病を予防する処置が3DSです。

3DSは「Dental Drug Delivery System」の略で、直接歯に専用の薬を浸透させて、むし歯や歯周病を予防する方法です。

抗菌剤を入れたマウスピースを装着して、時間を置くことでむし歯や歯周病に直接働きかけて殺菌します。

カリエスリスク(虫歯になりやすいリスク)や歯周病リスクの高い人には効果的な処置として注目されています。

<3DSの流れ>
Step1. 唾液検査
唾液を採取し、唾液の中にいる細菌数を確認します。

Step2. 歯のクリーニング
お口の汚れをキレイに除去します。

Step3. 殺菌
殺菌剤を入れたマウスピースを装着し、原因菌を除菌します。

Step4. 再検査
唾液検査を行い、細菌数の減少を確認します


また、唾液を採取し、口腔内の細菌の数や唾液の量などを測定、数値化する唾液検査も行っておりむし歯・歯周病リスクを診断します。自分のお口の状態を把握することで効果的な予防や治療が出来るのです。

http://www.jin-dental.com/

2019年9月 4日

矯正治療の中でも、特に人気の高いマウスピース矯正ですが当院は矯正治療に特化した医院ということもあり豊富なメニューを用意しています。それぞれに特徴があり、細かいカウンセリングや費用を相談のもとその人に合ったマウスピース矯正を提供しています。

・Invisalign(インビザライン)
マウスピース矯正でも特に有名で人気の高い矯正方法がインビザラインです。アメリカで開発されたマウスピース型の目立ちにくい矯正装置になり、ワイヤーを一切使わない、透明なプラスチック製のマウスピースで、誰にも気づかれずに矯正ができます。

取り外して食事や歯磨きができるので、治療中のむし歯を防ぐことができます。ワイヤー矯正や舌側矯正に比べて痛みや違和感が少なく、矯正治療中も快適に過ごせます。

・アソアライナー
日本で生産されるマウスピース型の目立たない矯正装置です。アソアライナーは、歯型に合わせたマウスピースを定期的に交換しながら歯を動かしていく矯正方法になり、一定期間アソアライナーで歯を動かしたあと、歯型を採って新しいマウスピースを製作します。

効果的に歯を動かすことができるので治療の精度が高まり、ほかのマウスピース矯正に比べて費用を抑えることもできます。

※なお、マウスピースを使った矯正治療は症例によって適応できない場合もあります。当院では、正確な診査・診断を行った上でご提案いたします。

当院では他にも豊富なマウスピ―ス矯正のメニューを取り扱っておりますのでお気軽にご相談下さい。
http://www.jin-dental.com/

2019年8月28日

長い治療期間がかかる矯正治療ですが、最近では技術の進歩により治療期間を短縮した「スピード矯正」という治療法が注目されています。当院でも多様なスピード矯正方法を用意していますので少しご紹介していきます。

・デイモンシステム
デイモンシステムは従来のワイヤー矯正とはちがい、装置にワイヤーを縛りつけないので、少ない摩擦とソフトな力で歯を動かすことができます。歯周組織に与えるダメージも少なくなり、痛みも少なく治療期間を大幅に短縮することが出来ます。

・クリッピーシステム
特殊な構造を持つ、セルフライゲーションシステムを採用した治療方法です。クリッピーシステムとも呼ばれる特殊な構造のブラケットを使用しており、ブラケットにはクリップ状の蓋がついていて、この蓋がワイヤーを留めています。固定させないのでブラケットとワイヤー間に余裕が生まれ、弱い力を持続させながら痛みを感じにくく短い期間での矯正が可能になります。

・JET system(ジェットシステム)
ジェットシステムは、矯正装置に「パッシブセルフリゲーティングブラケット」という特殊なブラケットを使用します。従来の治療は、ステップを1つひとつ踏みながら治療を進めていきますが、ジェットシステムでは複数のステップを同時進行させるので、治療期間が短縮できるようになりました。

このようにスピード矯正でも3種類の方法を用意しており、その人に合った治療方法をご提供しています。矯正期間を出来るだけ短縮したいと考えている方はぜひご相談下さい。

http://www.jin-dental.com/

2019年8月21日

歯科治療の中でも特に治療期間のかかる科目が「矯正歯科」ですが、そこには様々な理由があります。今回は、矯正治療で歯を動かすメカニズムについて解説していきます。

私達の歯は、歯槽骨(しそうこつ)という歯ぐきの中にある骨に埋まっており硬いものを噛めるようにしっかりと固定されています。その歯にブラケットと呼ばれる小さな装置を固定し、アーチ型のワイヤーを通してブラケットに留め、締めていくことにより歯を動かしていきます。

この時、歯が埋まっている歯槽骨と歯の間には歯根膜(しこんまく)と呼ばれる膜があり、矯正による圧迫により細胞が増えたり減ったりしていきます。圧迫された側の骨を減らしながら歯が進み、進んだ後には新しい骨ができて歯を固定させるという流れを繰り返しながら、歯を美しく並べていきます。

この骨の代謝はゆっくりと行われるため、1か月に1mm程度しか歯を動かすことはできません。無理に動かそうと強い力を加えると、歯根膜にダメージを与えてしまい逆に代謝が悪くなり矯正治療が長引いてしまうという問題が出てきてしまうのです。

その為、成人矯正には歯を動かす適切なスピードとして2年~3年という期間が必要になってきます。

長い治療期間は美しい歯並びを作るために必要な工程だと言うことを理解しておきましょう。

http://www.jin-dental.com/

2019年8月14日

インビザラインはワイヤーを使うブラケット矯正に比べると、患者様への負担が低い治療です。しかし、その分、患者様には自己管理(装着時間をできる限り延ばす、食後の歯磨きなど)を徹底していただく必要があります。

それに加えて、インビザラインでは対応が難しい場合もありますので、紹介しましょう。

・受け口や出っ歯など、あごの位置の矯正が必要な場合
上下のあごの位置、骨格自体がすれてしまっている受け口や出っ歯の場合、インビザラインでは対応が困難です。全体的に歯を内側へ動かすことでごまかせる場合もありますが、抜本的な治療には外科手術が必要な場合もあります。

・生えかけで止まっていたり、埋もれていたりするような歯がある場合
ごくたまに、歯が途中までしか生えていないような状態で埋まったままになっている(埋伏歯)患者様がいます。それそのものは、特に支障がなければ問題ないのですが、埋伏歯を含む歯の矯正を行うのは、インビザラインでは難しい症例です。

なぜなら、インビザラインではマウスピースで歯を覆って全体的に力をかけて動かすからです。そのため、途中までしか覆うことができない埋伏歯には十分な力を加えられず、動かせません。

・抜歯を必要とするような矯正
ここまでの2つは、先天的な問題がほとんどですので、対象となる患者様はそれほど多くないかもしれません。しかし、最後のこの点は誰にでも当てはまりますので、気を付けなければいけません。

歯科矯正で歯を動かす隙間を作るために抜歯をする場合があります。しかし、歯1本分のような大きな距離を動かす歯科矯正には、インビザラインは向いていません。

インビザラインを使うことはできますが、途中で歯が倒れてしまうなどの問題が発生することがありますので、おすすめできないのが正直な見解なのです。

当院では、審美歯科治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.jin-dental.com/

2019年8月 7日

入れ歯をしている人は、日々の生活であきらめていることはないでしょうか?

口を開けたときに「入れ歯にしていることが分かる」から、口を開けて笑えない。

入れ歯では食感がほぼなく、食事か美味しくない。

これは、なぜでしょうか?

部分入れ歯が目立ってしまうのは、一般的に金属のバネで止めているからです。口を開けるとこのバネが目に入るため、すぐに「入れ歯」だと分かってしまいます。

総入れ歯の場合は、樹脂製の土台になりますので、あまり目立たないかもしれません。しかし、樹脂では金属ほどの強度が得られないため、分厚くなってしまって、食事の温度や食感が悪くなり、違和感を覚えてしまうわけです。

しかし、じつは入れ歯であっても、目立たず、少しの違和感だけで美味しく食事をすることができるものもあるのです。

入れ歯だ空とあきらめる必要はありません。

例えば、部分入れ歯の場合、バネを使わずに設置するものがあります。そんなバネのない入れ歯を使えば、口を開けたときに目立つこともなく、気にせず笑うことができるでしょう。

また、総入れ歯の場合は、逆に金属を土台に使って薄くすることで、温度や食感を楽しんで食事ができるようにできるのです。(もちろん、口を開けたときに目立たないようになっています)

このように、入れ歯だから仕方ないわけではありません。

あきらめずに、1度歯科医師へ相談してみてください。

当院では、義歯を含めた審美歯科治療を行っております。
お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.jin-dental.com/

2019年7月31日

虫歯予防のため、歯にフッ素を塗布したことはあるでしょうか?

予防歯科治療では当たり前に行われていますし、一般の方でも購入できるようになっていますので、家庭でも実施されている人もいらっしゃるでしょう。

欧米では当たり前に行われている予防措置で、日本でもずいぶん普及しています。

しかし、残念ながら、日本の普及率はまだまだ低くなっているのが現実です。

その原因はいろいろとあるでしょうが、実際の効果を実感できないことが、大きな原因の1つだと思います。

そもそも、虫歯はほとんど自覚症状がない病気ですし、予防という措置自体が、「起こらないようにする」ため、本当にその措置のおかげで起きないのかどうかを感じるのが難しいものです。

しかし、フッ素による虫歯予防の普及が、虫歯を減らしているのは確かなのです。

実際、水道水にフッ素を添加して虫歯の本数を調べる実験をしたところ、50%
から60%の減少がみられているのです。

もちろん、これはあくまでも実験結果で、日本の水道にフッ素が添加されてはいません。

だからこそ、フッ素を使った虫歯予防を意識して行うことをおすすめします

お口や歯のことでご不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

http://www.jin-dental.com/

2019年7月24日

前回はインプラントの治療方法や構造についてご紹介してきましたが、今回はその手術方法についてお話していきます。

インプラントの術式には大きく分けて2つ「1回法」と「2回法」があり、インプラントを埋め込むための骨が硬く、十分な厚さがあれば1回法で手術を行えますが、骨が柔らかく密度が少ない状態ですと2回法になることが一般的です。

・1回法
1回法ではインプラントを埋め込む部分の歯ぐきを切開し、専用の機械で骨に穴をあけ土台部分になるインプラント体を埋め込みます。ツーピースの場合は、土台部分と支台部のアパットメントも同時に埋め込みます。その後、インプラント体が骨と結合されたら人工歯を被せていきます。

・2回法
2回法では、インプラントの土台部分になるインプラント体を埋め込んだ後、一度歯茎を閉じてインプラント体と骨が結合するまで3ヶ月~半年ほど様子を見ていきます。インプラントが骨に結合されたことを確認したら2回目の手術で、仮の支台部アパットメントをインプラント体に連結、その後期間を空けて様子を確認し、問題がなければ本物のアパットメントに変更し人工歯を被せる方法です。

基本的に患者様の骨の状態やお口を状態に合わせて術式は決められていきます。それまでにはしっかりとしたカウンセリングを行い、不安を取り除いていきますので安心して下さい。

http://www.jin-dental.com/

2019年7月17日

以前はインプラントと聞くと、ハードルの高い治療方法としてイメージされるものでしたが、歯科医療の進歩により安全性が高く選びやすい治療方法として確立してきました。

しかし、まだまだインプラント治療について知らない方も多いと思います。今回はわかりやすくシンプルに治療方法やインプラントの構造についてご紹介していきます。

インプラントとは何かしらの理由で歯を失ってしまった場所に、人工の土台(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療法です。自分の歯のような高い審美性と機能性があり、入れ歯やブリッジに次ぐ「第3の治療法」として注目されました。

インプラントは3つのパートに分かれ、骨の中に埋め込まれる土台部分、その土台の上に取り付けられる人工歯と結合するための柱部分、被せものの歯の部分である上部構造からなりたっています。

・インプラント体(土台部分)
・アパットメント(柱部分)
・上部構造(人工歯)

主に使われるのがインプラントとアパットメントが一体化した「ワンピースタイプ」とインプラント体とアパットメントが分かれている「ツーピースタイプ」がありますが、患者様の症例や状態により判断していきます。

現在は国内だけでも20種類以上のインプラントが使われており、その人にあった最適なものを選ぶので安心して治療していただけるようになりました。

http://www.jin-dental.com/

院長 神 智昭

矯正歯科じん歯科クリニック
院長 神 智昭

医院サイト:
http://www.jin-dental.com/

当院がある青森県弘前市周辺は歯科医院が少なく、総合的な治療を要望する患者さんが多い地域です。そんな地域の皆さんのために少しでもお役に立ちたいと思い、包括的な治療に取り組むようになりました。
地域の皆さんに愛される歯のホームドクターとして、矯正治療からインプラントまで責任を持って対応いたしますので、歯に関することでお困りでしたらお気軽にご相談ください。