«  2019年7月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年7月10日

インプラント治療は以前よりも身近な存在になったこともあり、多くの人が失った歯をカバーするための選択肢として考えるようになりました。そこでインプラント治療を考えている方が理解しておきたい、インプラントのメリットとデメリットについてお話していきます。

インプラントの一番の魅力は、なんといっても天然の歯と遜色のない「自然な美しさ」ではないでしょうか。入れ歯のように他の歯にかけるバネがないため、自分の歯と変わらない美しい見た目を実現することが可能です。また、インプラントでしたら土台となる歯根から回復するので、入れ歯やブリッジにはない安定感を得ることができます。

<インプラントのメリット>
・天然の歯と遜色のない自然な美しさがある
・しっかり物が噛めるようになる
・固定式なので、ズレたり外れたりしない
・健康な歯を削ったり抜いたりして傷つけることがない
・お口全体を健康に保つことができる
・しっかり発音できる

しかし、インプラント治療にもいくつかのデメリットがあることを知っておきましょう。治療は手術になるため、治療費は他の方法よりも割高になります。インプラントを入れた後も定期的なメンテナンスが必要になることも覚えておきましょう。

<インプラントのデメリット>
・治療には外科的手術が必要
・治療期間が長くなる
・自費診療のため、治療費用が高額になる
・メンテナンスを怠ると、インプラント歯周炎になる

メリットとデメリット両方の面を理解して、インプラント治療を始めましょう。

http://www.jin-dental.com/

2019年7月 3日

前回は顎の違和感や痛みを起こす「顎関節症(がくかんせつしょう)」の症状や原因についてお話してきました。今回はその治療方法についてご紹介していきます。

・スプリント療法(マウスピースによる治療)
顎関節症の治療方法の中でも一番オーソドックスな治療方法になります。これは「スプリント」や「オーソシス」と呼ばれるマウスピースを装着して、顎関節症を治療する方法です。スプリント療法では、マウスピースを装着して上下の歯で咬み合わせたときの力を均等にし、顎関節にかかる力を軽減します。

・マイオモニター(低周波治療)
マイオモニターは、筋肉の緊張をほぐすために使用する「低周波治療機器」です。こめかみや頬の筋肉の緊張が強い傾向にあります。筋肉が緊張していると顎関節に負担がかかり、顎の動きが悪くなるので、低周波を当ててほぐします。

・薬物療法
顎関節症による強い痛みなどの症状がある場合はその症状を取り除くことが先決になります。激しい痛みには鎮痛剤、顎の筋肉の緊張が強い場合は筋弛緩薬を処方していきます。また、ストレスからくる顎関節症の場合は、医師より抗不安薬が処方されることがあります。

・レーザー療法
顎関節症で痛みや口の開閉が困難な場合は、レーザー療法で緩和します。顎関節の部分にレーザーを照射すると血行がよくなり、痛みが和らいでお口が開きやすくなります。

当院では口腔外科の診療も行っております。矯正専門医の立場から咬み合わせと顎関節の関係を正確に診断し顎関節症を治療いたします。症状にお悩みの方は気軽にご相談して下さい。

http://www.jin-dental.com/

2019年6月26日

前回は顎の違和感や痛みを引き起こす「顎関節症(がくかんせつしょう)」の症状について少しお話をしていきました。では、この顎関節症は何が原因で起こるのでしょうか?

顎関節症は「咬み合わせの異常」や「食いしばり」などが大きな原因としてあげられています。咬合面(噛む時に歯が当たる場所)が高すぎたり低すぎたりすると、咬み合わせが悪くなり、歯に対して必要以上に強い力が加わり顎の関節に負担がかかってしまうのです。

また、朝起きると顎が疲れている...という方は、夜寝ている時に歯を食いしばっている可能性があります。寝ている時だけでなく、起きている時にも食いしばりを起こしていることもありますので普段から意識して上下の歯が当たらないように軽く離すクセをつけましょう。

さらには、精神的なストレスも顎関節症の原因の1つになります。身体が受けたストレスを緩和しようと奥歯をぎゅっと咬みしめることが多く、その度に顎に負担がかかってしまうからです。ストレスの多い社会や食生活の変化により、顎が小さく歯が並びきらないお子様が増えたこともあり顎関節症は現代病とも言われるほど、多い症状になってきました。

顎関節症はその原因をつきとめ対処していく必要があります。症状に悩んでいる方はまず口腔外科を扱っている歯科医院で相談してみましょう。

http://www.jin-dental.com/

2019年6月19日

ご飯を食べる時に顎がカクカクする、口を開けた時顎に違和感を感じる...と悩んでいらっしゃる患者様を多く診てきました。特に現代ではこのような悩みを持つ方が増えたように感じます。これは「顎関節症(がくかんせつしょう)」といい、顎の関節や筋肉の働きに異常があるために違和感や痛みなどが現れる症状です。

初期の症状では、口を開いた時にスムーズに開かずカクカクといった音がする、顎の痛みを伴うことがほとんどです。小さな症状だからと放っておくと頭痛やめまい、さらには自律神経失調症など生活に支障をきたすような症状に繋がっていきますので早目の対応が必要になっていきます。

【顎に現れる症状】
・顎やこめかみの筋肉のこりや痛み
・顎関節の炎症や痛み
・顎関節のクリック音(カクカクとした音)
・顎関節の脱臼や異常な動き
・咬み合わせのズレ
・顔や頭、顎の骨のゆがみ

【全身に現れる症状】
・肩や首のコリ
・頭痛、めまい、耳鳴り
・睡眠障害
・飲食物を飲み込みづらい
・自律神経失調症
・うつ病など

当院では口腔外科も取り扱っていますので、歯のお悩みだけでなく顎に関する問題にも対応することが出来ます。少しでも違和感を感じたら、気軽に相談してみて下さい。

http://www.jin-dental.com/

2019年6月12日

お口が常に開いたままの状態になっていることはありませんか?口が常に開いてしまう方は「口呼吸」になっている可能性があります。通常、私たちは鼻呼吸がメインで呼吸をしているのが一般的ですが、口呼吸になってしまうと鼻呼吸に比べ以下の弊害を起こしやすくなります。

【口呼吸による弊害】

・虫歯や歯周病になりやすい
口が常に開いている状態ですが、口腔内が乾燥し唾液による洗浄作用が低下し虫歯や歯周病になりやすくなります。

・口臭が強くなる
口呼吸では殺菌作用のある唾液が乾燥してしまい、口臭の原因である細菌が繁殖してしまうため口臭につながっていきます。

・睡眠時無呼吸症候群になりやすい
口呼吸の方は舌が後方にあることで呼吸がしやすくなっていますが、睡眠時には脱力して舌が気道をふさいでしまい、睡眠時無呼吸症候群になりやすいです。

カゼやアレルギーを引き起こしやすい
口呼吸の場合は、乾燥した空気と一緒に細菌やウイルスがそのままのどや気管に届くため、のどや肺を痛めやすくなります。カゼやアレルギーにかかりやすいという方は口呼吸が原因かもしれません。

【口呼吸の原因】

・歯並びや口周りの筋力が低下により口が閉じにくい
・姿勢に問題がある
・アレルギーなど慢性的な鼻づまりのため鼻呼吸ができない
・無意識にお口で呼吸することが習慣化した

口呼吸以上の原因がほとんどです。
http://www.jin-dental.com/

2019年6月 5日

見えない矯正として人気の高い「裏側矯正」ですが、他の矯正方法と同じようにメリットデメリットが存在します。裏側矯正を検討中の方はどちらの面も踏まえた上で治療を進めていきましょう。

【裏側矯正のメリット】

・矯正器具が目立たない
裏側矯正の1番のメリットは歯の裏側に装着するので矯正していることが気づかれにくいという点にあります。そのため、接客業やサービス業の人などにもおすすめの矯正法です。

・矯正具の汚れのストレスがない
表側矯正では食事中に食べかすが矯正具に詰まってしまい、見た目が気になってしまうことが大きなストレスでした。しかし、裏側矯正では矯正具が表に見え無いため安心して食事を楽しむことができます。

【裏側矯正のデメリット】

・歯磨きしづらい
裏側矯正は自分では見えない部分に矯正器具があるため、どうしても歯磨きがしづらくなります。虫歯や口臭の原因となりますので、歯科医院でしっかりとブラッシング指導をしてもらいましょう。

・慣れるまで話しにくい
裏側矯正では舌が当たりやすい位置にあるので慣れるまで違和感を感じやすく、話しにくいと感じることがあるかもしれません。通常は1カ月もすれば慣れてきます。

・表側矯正に比べ費用が高い
裏側矯正は従来の表側矯正に比べ、1.5倍~2倍の治療費が掛かります。裏側矯正は形状も複雑で製作には高度な技術が必要となり、矯正具も完全なオーダーメイド製作となるため費用が高額になってしまうのです。

裏側矯正にはデメリットもありますが、なんと言っても矯正中と気づかれないという見た目の大きなメリットが勝るでしょう。仕事や見た目の問題から矯正治療に踏み切れなかった方の大きな味方になってくれます。

http://www.jin-dental.com/

2019年5月29日

歯科矯正でもメジャーな矯正方法として人気が高い「裏側矯正」は、歯の裏側に矯正装置を装着し歯を動かしていく矯正方法です。「舌側(ぜっそく)矯正」と呼ばれることもあります。

矯正器具が見えないことから、矯正のデメリットである「見た目」の問題が解消され、大変人気のある矯正方法として今日主流のものになってきました。裏側矯正は歯の裏側に取り付けていくために、高度な技術が必要になるため取り扱っている医院に限りがあります。

当院では、裏側矯正だけでも3種類の方法を用意しており、その人に合った矯正方法を提供しています。

【裏側矯正の種類】

・Incognito(インコグニト)
ドイツで開発されたCAD/CAMで設計・製作する完全オーダーメイドの矯正システム。歯型を元に設計するため薄く仕上がり、装着時の痛みや違和感が軽減され話しやすいのが特徴。

・STbSTb
日本で開発された小型の舌側矯正装置。従来の舌側矯正装置に比べてコンパクトな設計で、約10分の1の弱い力で歯を動かすことができる。矯正治療中の痛みが少なく、治療期間が短いのが特徴。

・クリッピー L
特殊な構造をした矯正装置を使い、装置とワイヤーの間に起きる摩擦抵抗を抑えるシステムです。弱い力で持続的に歯を動かすことができ、治療期間が短くなり、痛みが少ないのが特徴です。


現在は、矯正中でも負担の少ない裏側矯正の方法が増えてきているため、その技術も進化しています。裏側矯正を考えている方はまず相談だけでも受けてみるといいでしょう。

http://www.jin-dental.com/

2019年5月22日

皆様は、自分に口臭がある?ない?

気になったことがあるでしょうか?

少し古いデータですが、1999年厚生労働省が行った保健福祉動向調査によると、約14%の方が口臭を気にしているという調査結果が出ています。
また、他人のニオイで最も気になるのが口臭であるとする調査結果もあり、広く口臭が認識されているのがわかります。

また、この口臭が気になると回答された方で、口臭の治療や相談をかかりつけ歯科医院で行ったと回答した人は8割以上になったとする報告もあります。

口臭には生理的な口臭(起床時、空腹時、運動時、緊張時など唾液の量が減り、口腔内の自浄作用が低下して起こると考えられているもの)と病的な口臭があります。
病的な口臭の多くは歯周病や舌苔が原因であったり、糖尿病などの代謝性疾患や扁桃炎など耳鼻科疾患などがあったりします。

また、口臭恐怖症もあり精神疾患の一つの症状が口臭として出たものもあります。

主な口臭の原因物資は3つで、揮発性硫黄化合物(VSCs)と言われるものです。
硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイドがあります。
これらはお口の中のタンパク質が口腔内細菌によって分解されVSCsを含むガスが発生しニオイの原因となっています。気になる方は一度歯科医院で相談してみましょう。

http://www.jin-dental.com/

2019年5月15日

マルチブラケットの歯科矯正治療には、ブラケットという各歯にボタンのようにくっつけてそれぞれの歯を目的の方向に動かしていくシステムがあります。

この方式には唇側と舌側から行うものがあり、今回は舌側(裏側)矯正について少し解説します。歯並びは改善させたいけど、見た目に唇側に装置があるのが困る方などにはとても良い方法だと思われます。人によっては唇側からの矯正よりも早く矯正できると情報を見かけることがあります。

歯の舌側は表側よりも複雑な形をしていますので、ブラケットを直接歯にくっつけることはとても困難な作業です。そのためお口の型をとって綺麗に歯を並べた状態のモデルを作り、そこにブラケットを並べていきます。この作業はインダイレクトボンディングと行って舌側矯正では基本的に行われます。この作業は一般的に技工所で行われますので、歯科技工士の高い技術が必要になります。

舌側矯正で有名なIncognitoは最新のデジタル技術とCAD/CAMで製作される舌側矯正装置です。

これらのブラケットは光化学スキャンで患者様それぞれの歯の状態に合わせてブラケットを製作します。

Incognitoはデータを歯科医療先進国のドイツに送り製作しますので、装着まで1か月以上かかることもあります。

ですが、既製品より外れにくく、薄いため違和感も軽減されていると思います。
http://www.jin-dental.com/

2019年5月 8日

皆様は虫歯治療で歯を削った後の修復については歯科医師からどのような説明を受けていらっしゃるでしょうか?

「保険にしますか?」「自費にしますか?」「白いのにしますか?」「金属にしますか?」

などなど聞かれたことがあるかもしれません。一般的に使用されているものではどのように違うのでしょうか?

修復材料
① コンポジットレジン
 簡単にいうと超強化プラスチックです。ミクロン単位に粉砕された陶材とプラスチックを混合した材料です。保険適応材料でもあります。白から褐色まで様々な色味に対応でき、性能も以前に比べ格段に良くなりましたが、経年劣化する可能性があります。

②陶材
 基本的には自費の材料です。ステインやプラークが付きにくく、変色もしませんし、とても硬く頑丈です。色合いも天然歯に良く似ています。硬くしなりがないため割れる可能性があります。

③ジルコニアなどの金属酸化物
 自費の材料となります。陶材よりさらに硬く綺麗で頑丈です。ものすごく硬い材料のため、加工のために特殊な機械が必要です。硬くしなりがないためため割れる可能性があります。

④金属
 一般的な保険の材料です。ただし、貴金属を主成分とするものは自費の材料となります。丈夫で金属特有の伸びがありますので、まず割れることはありません。金属色は消すことができないため、審美性に関わる前歯の唇側には使用できませんし、金属アレルギーの方には皮膚科でのパッチテストや注意が必要となります。

それぞれの材料に利点欠点がありますので、担当されている歯科医師とよく相談して治療をすすめてください。

http://www.jin-dental.com/1505general/

Categories

  • カテゴリー1

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
院長 神 智昭

矯正歯科じん歯科クリニック
院長 神 智昭

医院サイト:
http://www.jin-dental.com/

当院がある青森県弘前市周辺は歯科医院が少なく、総合的な治療を要望する患者さんが多い地域です。そんな地域の皆さんのために少しでもお役に立ちたいと思い、包括的な治療に取り組むようになりました。
地域の皆さんに愛される歯のホームドクターとして、矯正治療からインプラントまで責任を持って対応いたしますので、歯に関することでお困りでしたらお気軽にご相談ください。