2016年11月30日

非抜歯矯正を目指す(可能な限り歯を抜かない矯正)

非抜歯矯正

矯正治療では、あごの骨に歯が収まらないために、抜歯をしてスペースを作り歯を美しく並べていく方法が多く取られています。しかし、いくら綺麗な歯並びのためとはいえ、健康な歯を抜くのは誰でも抵抗があるはずです。そこで当院では、できるだけ歯を抜かない矯正治療を心がけています。

精密な診断を行い、抜歯しなくても矯正できる患者さんに対しては、技術を駆使して健康な歯を抜かずに矯正治療を進めていきます。抜歯による痛みや不安など、できるだけ患者さんに負担をかけない治療を第一に考えています。

治療方針を決定する際に複数の治療方針が考えられますが、抜歯するかしないかのボーダーライン上の状態や、患者さまが抜歯に踏み切れないといった場合、まずは一定期間を抜歯せずに治療を進め、経過を見てから再度診断し、そのまま抜歯をせずに治療を継続していくことも可能です。

しかし、横から見た顔の輪郭や口元を検討し、将来審美的な影響がでると診断した場合、抜歯した方が良いと勧めることも少なからずあります。日本人の場合はあごの大きさに比べて歯が大きいため、抜歯治療となるケースが多いことは否めません。

どうしても抜歯が必要な患者さまに対しては、抜歯についてのメリット・デメリットをしっかり説明し、ご納得いただいた上で患者さまに治療を行なうか判断していただきますので、ご安心ください。

お子さんの矯正治療では、抜歯をしない治療法を優先します
成長過程のお子さんの治療では、あごの成長を促すことで抜歯せずに矯正を行うことが可能です。あごの大きさを広げるための器具を装着することで、永久歯が生えてくるスペースが作られ、自然に歯が綺麗に並んでいきます。お子さんの歯並びが気になりましたら、お気軽にご相談ください。

矯正の痛み対策について

矯正の痛み対策矯正治療では抜歯による痛みだけでなく、歯が動く時にも痛みを感じることがあります。矯正装置を歯全体に付けている状態では、人によってはかなりの締めつけ感があり、治療が辛いと思ってしまうこともあるかもしれません。

当院ではやわらかいワイヤーや痛みの少ない矯正システムを使い、できるだけ負担の少ない矯正治療を心がけています。また、事前にカウンセリングで「どんな痛みがあるか?」「何日くらい続くか?」等をしっかりご説明し、ソフト面とハード面でサポートすることで、治療に対するモチベーションを維持していただけるよう務めていきます。

痛みの少ない矯正治療を実践
当院では、やわらかいワイヤーやセルフライゲーションシステムなどの矯正装置を使用し、痛みの少ない治療を実践しています。できるだけ弱い力で持続的に歯を動かし、摩擦抵抗を抑えることで痛みが軽減され、さらに治療期間の短縮にも繋がります。

やわらかいワイヤー(ゴムメタル)について

痛みの少ない矯正システム(スピード矯正)について

2016年11月 7日

準備中


準備中

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方