睡眠時無呼吸症候群の治療用マウスピース

SAS当院では、医科でいびきや睡眠時無呼吸症候群と診断を受けて、検査結果と紹介状をお持ちの患者さんに対しては、「いびきや睡眠時無呼吸症候群」を改善するマウスピース療法を行っています。

マウスピース療法は、マウスピースを使った睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療法で、就寝中にマウスピースを装着して上気道(空気の通り道)を広げ、呼吸をしやすくする方法です。睡眠時にマウスピースを装着すると、嚙み合せた時に下顎が前方にわずか(数mm程度)突き出た状態になります。上気道が広がって、就寝中でも喉が狭くなったり詰まったりすることがなくなり、いびきや睡眠時無呼吸が改善できます。

睡眠時無呼吸症候群の原因
睡眠時無呼吸症候群は、呼吸が止まっている状態が10秒間続き(無呼吸)、無呼吸が1時間に5回以上、もしくは1晩に30回以上続く症状です。呼吸が止まる原因には2タイプありますが、もっとも多いのは上気道が狭いため、呼吸の通り道を十分に確保できずに呼吸が止まる「閉塞性睡眠時無呼吸」です。上気道が狭くなる要因には、扁桃腺の肥大や肥満、舌の付け根やのど仏などで喉や上気道を塞いでしまうことがあげられます。

マウスピースの製作ソムノデントMAS
マウスピース療法で使用するマウスピースの製作には、歯科医師の経験が重要です。当院は、矯正治療の知識と経験が豊富で、CTやセファロ分析を用いて精確な診断を行っていますので、精度の高い装置に仕上げることができます。

睡眠時無呼吸症候群のマウスピースは、保険診療と自費診療の2種類があり、当院では両方に対応しています。患者さんの症状やご要望などを考慮した上で、ご提案いたします。

・保険診療:サイレンサーなど
・自費診療:ソムノデントMASなど

睡眠時無呼吸症群の診断は難しく、診断を誤ると適切な治療ができません。必ず、専門家の診断を受けた上で、当院までご相談ください。

マウスピース療法のメリット・デメリット
<メリット>
・保険診療が適用できます。
・副作用が少なく、マウスピースを装着するだけで症状が改善できます。

<デメリット>
・初めのうちは顎の痛みや違和感がありますが、徐々に馴染んでくるので、ほとんどの方は数か月後で慣れます。
・総入れ歯をお使いの方、重度の顎関節症の方は適応できません。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方