【審美歯科】精度の高い技工物を作る技術

技工物を作る技術技工物(詰め物・被せ物)の精度は、歯科技工士の腕はもとより、歯科医師の技術力にも大きく影響されます。当院では、歯科技工士に精密な情報を提供するため、細部にまでこだわっています。

歯の形成面を滑らかに仕上げるために、拡大鏡を使って削り面をチェック。型採りでは、個人の歯列に合わせたトレーとシリコン樹脂を使って精度の高い模型を作ります。色合わせ用のカメラも、クリスタルアイやストロボカメラなどを使って撮影します。こうして集めた詳細な情報を歯科技工士に届けることで、ほぼ完璧に近い状態に仕上がります。

院長と歯科技工士は、常にコミュニケーションを取りながら情報交換をしています。ケースによっては歯科技工士が歯の色合わせに立ち会います。お互いの信頼関係があるからこそ、こうした質の高い技工物が提供できるのです。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方