スピード矯正を可能するTADを用いた矯正治療

アンカースクリューTADとはTemporary Anchorage Device(テンポラリーアンカレッジデバイス)の略で、矯正用インプラント(アンカースクリュー)を顎の骨の中に埋入し、それを固定源にして歯を移動させる方法です。インプラント矯正ともいわれ、TADを用いることでピンポイントで歯を動かすことができ、通常の矯正治療では不可能だった歯の移動が可能になります。また、これまで手術を必要とした重度の症例でも、手術を回避できる可能性が高まり、治療期間が短縮できるようになりました。スピードード矯正をする上でTADは重要な存在といえます。

支柱には矯正治療用のスクリューアンカーが使われます。固定源として利用するだけなので、インプラント治療で使用するインプラント体に比べるとコンパクトで、長さは10mm程度、太さも1.5~3mm程度です。

矯正用インプラントはねじ式で、簡単な手術をして顎の骨の中に埋入します。埋入する位置に1mm程度の穴をあけて、その中にスクリューアンカーを入れます。手術時間は15分程度で終わり、手術中の痛みや出血はほとんどありません。術後の痛みも比較的少ないので痛み止めを飲めば大丈夫です。

TADのメリット
TADを用いることで、通常の矯正治療では不可能だった複雑な歯の動きや、非抜歯矯正、スピード矯正が可能になります。

●スピード矯正が可能
動かしたい歯だけをピンポイントで移動させることができ、動かした後に元の場所に動こうとしたり、他の歯まで一緒に動くことがないので、通常の矯正治療に比べて短い期間で効率よく歯が動いて、スピード矯正が可能になります。

●非抜歯矯正が可能になる
強い力を加えて歯を動かせるので移動距離を大きくすることができ、抜歯を必要な場合でも非抜歯矯正でできる可能性が高まります。

●ピンポイントで歯を動かせる
動かしたい歯だけに矯正装置を装着して移動させることができるので、最低限の装置の数で済み、装着時の違和感も軽減できます。

●むし歯リスクを軽減できる
スピード矯正が可能になるので装置の装着期間が短くなり、むし歯のリスクが軽減できます。

TADのデメリット
●埋入するための手術が必要
顎の骨の中にスクリューアンカーを埋入するため、簡単な手術が必要です。もちろん麻酔をして行うので、術中の痛みや出血はほとんどありません。

●治療修了後、取り除く必要がある
矯正治療が終わればスクリューアンカーを取り除く必要があります。インプラントといっても骨と結合していませんので、麻酔をせずに簡単に取り除くことができます。

●破損する恐れがある
インプラント治療用のスクリューアンカーに比べると強度がなく、治療中に折れてしまうことがあります。その場合は麻酔をしてスクリューアンカーを取り除きます。

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方