精度の高い矯正治療~インダイレクトボンディング法

インダイレクトボンディング法ワイヤー矯正で最も神経を使うのは、矯正装置を装着するときです。従来のワイヤー矯正は直接歯にブラケットと呼ばれる装置を装着しますが、1本1本の歯に取りつけるため時間がかかり、技術力も問われます。そこで当院では、より正確な位置にブラケットを取りつけるために、インダイレクトボンディング法を採用しています。

インダイレクトボンディング法とは、模型を使ってブラケットを正確に装着する方法です。歯型の模型でブラケットの位置を決めたあと、専用のトレーを作って歯に取りつけます。模型を使うことで0.1mm単位、角度は1度単位の正確さで位置を決めることができます。また、すべてのブラケットを一度に取りつけることができるので、装着時間も大幅に短縮され調整もスピーディになります。

装着前の準備が必要で手間がかかる方法ですが、その分、精度の高い矯正ができるので優れた治療方法と言えます。なお当院では、白須賀直樹先生が考案された「白須賀法」に準拠したシステムを採用しています。また正確なセットアップ模型を製作するために、SAM咬合器I.E.ゲージを使用しています。インダイレクトボンディング法にかかわる作業は、基本的に院長が一つひとつていねい且つ精密に製作してます。

SAM咬合器
SAM咬合器に取り付けたI.E.ゲージ
感染対策
正確にセットアップされた模型

<インダイレクトボンディング法のメリット>
・歯の動くスピードが速くなる
・歯がキレイに並んで、治療の質が高くなる
・装着時間が短縮できる

まずはご相談ください

アクセス お問い合わせフォーム 電車でお越しの方 車でお越しの方